【学生起業家から見た横国】Ruten創業メンバー・佐藤隆雄さん(経営学部)インタビュー①

【学生起業家から見た横国】Ruten創業メンバー・佐藤隆雄さん(経営学部)インタビュー①

今回から始まるインタビューシリーズ「ヨココク GO UP!!」。記念すべき第1回は現役横国生ながら昨年起業された佐藤隆雄さん!ZOOMでたっぷりお話を伺ったので2回に分けてお届けします。今回は主に横国に関することについての内容です!

2017年4月入学
経営学部経営学科
佐藤隆雄(サトウ・タカオ)

Advertisement

文系学部ながら理系出身の先生に学ぶ

—なぜ横国に入学されたのですか?

実家が愛知ということもあり、第一志望は名古屋大学経済学部でしたが落ちてしまいました。浪人するかで迷いましたが、後期日程で横国の経営学部に合格することができたので、入学することにしました。

—起業される前から大学ですごく優秀な成績を修められていたと伺いました。それはどうしてでしょう?

僕は凄く心配性なんですよ。卒業前に単位のことで慌てたくないと思い、1年次からしっかり単位を取ってきました。通算GPA4.1というのも、不可にならないように頑張り過ぎた結果ですね(笑)。

—ゼミではどんなことを専攻されていますか?

数理最適化や統計などの数学的なアプローチで、経営や社会の課題を解決しようとする「オペレーションズ・リサーチ」という学問を研究するゼミに入っています。元々入ったきっかけは、AIやデータサイエンスといったトレンド的なところに惹かれたからでした。しかし実際に入ってみると最初に思っていたのとは良い意味で違いましたね。先生は理系出身で、本質的かつ長期的に見ても意味があることを黙々と研究されていました。僕は凄く流行に流されていたんですけれども、もっと長い目で見て意味があることを研究しようという方向に引き戻してくれました。ゼミでは、研究ってこうやってやるんだよ、というのを教えてもらっているなと思います。学会が主催しているデータ解析コンペティションに、ゼミのメンバーで出場したこともありましたね。データコンペでは、タクシーの運行データを分析して、お客さんを乗せるのが上手いドライバーと下手なドライバーの違いを調べました。今は卒業論文を制作中です。いつ・どこで戦争が起きるのかを、過去の出来事のデータを元に機械学習で予測するということをやっています。

良いエコシステムができている横国スタートアップ界隈

—横国で面白かった授業は何でしたか?

1番好きだったのは、経済学部で開講されている「グローバル・エコノミー入門」です。発展途上国をどうやって経済成長させるか、というテーマを、中国で生まれ育った先生が中国の経済発展を例に解説してくれる授業でした。中国の話がとてもリアルで面白かったです。その授業では、冬休みの課題図書で「コピーキャット―模倣者こそがイノベーションを起こす」(オーデッド シェンカー著)が指定されたのですが、この本も面白かったですね。

あとは毎回いろんな経営者が登壇される「ベンチャーから学ぶマネジメント」ですかね。起業という選択肢を知ったのはこの授業がきっかけでしたし、今でも影響を受けている授業だと思います。この講義は、サイクルが凄いんですよ。講義を受けた人が影響を受けて起業して、今度は講師として登壇、さらにまたその時の受講生が後々講師として登壇する…というサイクルができているんですよ。実は僕も、昨年度秋学期に登壇させていただきました。「ベンチャーから学ぶマネジメント」を担当されている井上徹先生にはとてもお世話になっています。井上先生がいてくださるおかげで、横国の起業家コミュニティがうまく回っていると思います。横国生で起業したい人は、とりあえず井上先生に相談に行くのが良いと思います。

—佐藤さんから見た横国の良いところを教えてください!

すごいいっぱいあると思います。それこそさっき挙げた「ベンチャーから学ぶマネジメント」のサイクルに代表されるような、上の世代が下の世代を育てるという文化も魅力の1つだと思います。

その中でも1番いいなと思うのは、反骨精神が強い人が多いことですね。横国は後期日程の入学者が多いので、受験における挫折経験を持っている人が多い印象です。大学受験の時に壮絶な絶望感を味わった人、何か大きなことをしないと気が済まないという人が決してマイノリティではないと思います。

Advertisement

人とのつながりは大事

—今年はオンライン授業が続き、通常のキャンパスライフを送れない状況が続いています。もしご自身が今1年生なら何をしますか?

ネットから優良な情報を得ていく、たとえばスタンフォード大学の公開授業とかもオンラインで配信されているので探しまくって受講したりするのかなと思います。

あと、オンライン上でも人とつながることが大事だと思います。同じ価値観を持つ仲間を見つけたり、自分が全然知らないことを知っている人と出会ったり、そういうのが僕のターニングポイントだったこともいっぱいあります。入学式で出会った、友達の友利有佑君(経営4年)とhandshakeを立ち上げるとは思わなかったですし、もともとはミーハーな気持ちで行ったシリコンバレーで出会った人たちから学んだことが、今活きているというのもそうです。また、コロナ以前では出会いづらかった人とも今では意外と簡単に出会えると思います。コロナ禍では、沖縄の人もフランスの人もみんな同じオンラインイベントに参加するようになったからです。

—最後に横国生へメッセージをお願いします!

これからもよろしくお願いします!横国生はみんなすごく真面目で優秀で、大物になりそうな人もたくさんいて、横国というコミュニティ自体にすごく価値があると思います。年下の方も年上の方もみんな助けてくれてお世話になりっぱなしです(笑)。もし僕が死にそうになったら助けてください(笑)。僕も横国のコミュニティに少しでも恩返しできるよう、頑張っていこうと思います。

今回はここまで!次回は起業や佐藤さんご自身について迫っていきます!お楽しみに!

(ライター:てぃー)

ヨココク GO UP!!カテゴリの最新記事