【新生活】横国で下宿するならどこがおすすめ?現役横国生が徹底評価!【2019年版】

【新生活】横国で下宿するならどこがおすすめ?現役横国生が徹底評価!【2019年版】

新入生のみなさん、こんにちは!
遠方から横国へ進学する方は一人暮らしをすることになりますが、どこに住めば良いか悩んでいる人は多いのではないでしょうか?
そこで今回は横国周辺の各地域で一人暮らしをするにあたってのメリット・デメリットを紹介していきます。

共通事項

家賃は東京近辺としては安めです。どこのエリアでも4万円くらいの物件なら割と見つけられます。
横国に進学した以上、通学か横浜駅へのアクセスの少なくともどちらかで坂道はほぼ避けられません。どこのエリアに住んでも基本的に坂道があると思っておいてください。ただし、バス利用などで極力回避する方法は存在します。
自転車を購入する場合は電動のものを購入するのが無難です。私の友人も最初は普通の自転車を買ったのですが、坂が予想以上にきつくてすぐに電動自転車に買い換えてました。横国周辺だけで生活するにはギリギリ大丈夫かもしれませんが、自転車で行ける範囲にある横浜駅に行くには長い坂を避けられませんから電動自転車を買うべきです。

横国周辺エリア別評価

それでは各エリアの紹介に入っていきますね。
(手書きですいません。GoogleMap等も見ながら読んでくださいね!)

常盤台エリア

通学で使う門:南通用門、南門
横浜駅への主なアクセス:バス
大学の南側のエリアです。高台にある閑静な住宅街でお店は少ないですが、食料品も充実しているドラッグストア・クリエイトSDや24時まで営業しているファミリーマートもあり、普段生活する分には十分です。しかし、残念なのは駅が遠いこと。駅まで徒歩15分はかかりますし、急な坂道(通称:和田坂)を登らないといけないのがとにかくきついです。バスを利用すれば良いのですが、お金がかかりますし、最終便が鉄道より早いので注意が必要です。

和田町エリア

通学で使う門:南通用門、南門
横浜駅への主なアクセス:相鉄(和田町)
横浜駅まで電車で9分という相鉄線和田町駅が近いエリアです。コンビニもスーパーも3店舗ずつあり、かなり便利です。マクドナルド、かつや、24時間営業のオリジン弁当もあり、食事には困りません。TSUTAYAやカラオケといったエンターテイメント施設もあります。そんな和田町民にとって辛いのは、通学時に標高差が70mもある和田坂を登らないといけないこと。かつて和田町に住んでいたという横国OGのタレント・福田萌さんはヒールで通学していたそうですが、毎日の登坂でヒールがすり減るのが異常に早かったそうです(笑)

岡沢エリア

通学で使う門:正門
横浜駅への主なアクセス:バス
文系学部の講義棟や体育館・グラウンドに近いので、文系学生や体育会系部活に所属する学生にとっては通いやすいです。しかし、近くのスーパーがまいばすけっとのみで、それも道路を歩道橋を渡った所にあるので、自転車に乗る人にとっては不便かも。近くのコンビニも三ツ沢上町駅寄りと、生活には少し不便かもしれません。

峰沢エリア

通学で使う門:東通用門
横浜駅へのアクセス:バス
このエリアはスーパーが近くにありません。ファミリーマートが東通用門の近くに1軒、三ツ沢西町交差点の近くに1軒あるくらいですので、買い物には不便を感じそうです。住宅街というより、キャベツ畑のイメージが強いです。

三ツ沢上町エリア

通学で使う門:正門、東通用門
横浜駅へのアクセス:ブルーライン(三ツ沢上町)
地下鉄を利用すれば4分で横浜駅へ出られるのはとても魅力ですが、ホームは地下5階とかなり深いところにあるので、余裕をもって駅に行くようにしましょう。駅の近くにコンビニ2軒と小型スーパー・まいばすけっとがあるので、日常生活はそこそこ便利だと思います。ただ、大学へは10分以上かかるのがデメリットです。

羽沢エリア

通学で使う門:西門、北門
横浜駅へのアクセス:バス
今冬に相鉄新横浜線が部分開業すると東京方面へのアクセスが大幅に向上するので、とても注目を集めているエリアです。理系学部が近いエリアですが、文系の方でも東京方面でインターンを考えている学生にはオススメしたいです。
しかし、新線が開業するまでは田舎のように何もありません。(こういうと本当に田舎出身の人から怒られますが、都会人基準では田舎です)
また、駅が開業しても横浜駅へのアクセスがバスのみなので、飲み会が多いサークルを楽しみたい人には不向きのエリアでしょう。

釜台エリア

通学で使う門:西門
横浜駅への主なアクセス:バス
駅が遠いです。しかし、食料品はクリエイトで調達できますし、コンビニもファミリーマートが近距離で2店あり便利です。

上星川エリア

通学で使う門:西門
横浜駅への主なアクセス:相鉄(上星川)
駅前の相鉄ローゼンは深夜25時半まで営業している大型スーパーですが、販売価格が高めに設定されているので、学生が普段から利用するにはしんどいかと思います。満天の湯というスーパー銭湯や、ダイエット用というよりマッチョを目指す人向けのゴールドジムがあり、そういった施設が好きな人には良いエリアかもしれません。

星川エリア

通学で使う門:南通用門、正門
横浜駅への主なアクセス:相鉄(星川)
最寄りの星川駅は昨年高架になった駅です。和田町駅よりも1駅横浜駅に近く、さらに快速列車が停まるので横浜駅まで早く出られます。大型スーパー・いなげやが駅の南側に、小型スーパー・まいばすけっとが駅の北側にあります。ちょっと足を伸ばせばイオン天王町もあります。ガスト、バーミヤン、ドトールコーヒー、マクドナルドと飲食店チェーンも充実しています。しかし通学に1番時間がかかりますし、坂を登らないといけません。

おわりに

横国周辺の主なエリアについて紹介してきました。このほかにも、横浜駅近辺に住む人や、天王町エリアに住む人、片倉町エリアに住む人もいます。横国からは離れた所に住む人もいます。経済面や自分の性格も考慮して、自分の目指す生活スタイルにあった所に住みましょう!

学生生活カテゴリの最新記事