MissYNU2019グランプリ!長井琳風さんにインタビュー

MissYNU2019グランプリ!長井琳風さんにインタビュー

常盤祭で行われたMiss YNU Contest 2019にてグランプリに選ばれた長井琳風(ながい・りんか)さんにインタビューさせていただきました。ミスコンの活動から、同時にエントリーしていたミスカレー、プライベートまで、たくさんのお話をお聴きしました。それではお楽しみください!

Advertisement

4年生だからこそ、ミスコンにエントリー

−まず初めに、ミスコンへ出場されたきっかけを教えてください!

きっかけは自分の強みについて悩んでいたことです。

内定先でインターンをしていたのですが、そこの先輩方は何万人ものフォロワーを抱えるインフルエンサーや、有名事務所に所属されていた元アイドルといった特殊な経歴を持った方、様々な部署で経験を積んで今のポジションで頑張っていらっしゃるベテランの方もいて、その方々と比べると自分の武器が無いな〜、と悩んでいたちょうどその日がミスコン一次募集の最終日でした。

大学3年まではバイトにインターンと働くことが中心の生活だったので、「大学生活でしかできないことで、最後に何かしたいな」と思っていた中、インターン先の先輩と面談した時にミスコンへ出場するという選択肢もアリだなと気づいて、応募に必要な情報が名前とメールアドレスくらいだったこともあり、すごく軽い気持ちで応募しました(笑)

以前からミスコンに出たいと思っていたわけではないですが、たまたま身近な先輩や同級生、後輩にミスコン出場者が多くて、ミスコンが遠い存在ではなかったというのも気軽に応募できた理由かなと思います。

それに、ミスコンに出ることでマーケティングの経験もできますし、自分の経歴の箔付けにもなりましたね。

−4年生ならではの理由ですね!

そうですね。3年生なら人の目も気になるのでミスコンに出ていなかったと思います。でも4年生だとゼミでしか大学に行かないので(笑)、学校の人にどう思われようとめんどくさくないかなというのもありました。

「SNSをよく触るようになりました」


−ファイナリストになってから日常生活での変化はありましたか?

化粧をきちんとするようになりました。

あと、あまりSNSを見るタイプではなかったのですが、1日の中でスマホに触れる時間を必ず確保するようになりました。
投稿を考える時間やリプライをする時間を設けるようになり、1日の中でSNSが占める時間が増えましたね。

−ミスコンの活動の中での思い出を教えてください!

2つあって、1つは他大学のミス・ミスターも集まるイベントですね。他大学の皆さんは本当にキラキラしていて、「横国まだまだだな〜」「自分まだまだだな〜」と改めて気づかされる時間で、スイッチが入りました。

もう1つは和太鼓体験です。今年のミスコンのテーマが「いとうるはし」ということで、和に関するな体験をいくつかさせてもらいました。その一環で高校生に太鼓を教えてもらったのですが、中高と吹奏楽部だったので久しぶりに音楽に触れることができて楽しかったです。それに教えてくれた子がイベント後もSNSで応援してくれて、それがすごく嬉しかったですね。

−ミスコンの活動の中で特に大変だったことは?

SNS運用ですね。自分の顔写真を投稿することは、ミスコンの活動のメインと言ってもよいくらい重要なのですが、私はそれがすごく苦手でした。

私の場合投稿する写真を前日の夜に決めるのですが、いざアップする時になると「これを載せるのか〜」と思って2時間くらいグダって(笑)。10時投稿を意識していたけれど結局12時に投稿、みたいなことがよくありましたね。自信がなかったので、自分の顔を世間に広めるには勇気が必要でした。

また、SNSを触る時間が増えたことで夜寝る時間が減ってしまったり、他のやるべきことを後回しにしてしまったりと、とにかくSNS運用が大変でしたね。

−ミス同士の交流はありましたか?

関西の子とすごく仲良くなってSNSで交流したり、関東の子だと一緒にご飯に行ったりしましたね。勝手にファンになってコメントし続けたりとかしましたね。

横国の他のファイナリストは皆2年生だったのですが、関わることがなかった子たちと交流できて、かわいい妹がいっぱいできた気分です。

ミスコンを経ての変化・成長

−当日のステージの舞台裏のエピソードを聞かせてください!

本当にバタバタでした。

とにかく時間がなさすぎて、特に私は大きいドレスだったので着るのが大変で、着るだけでもう出番みたいな感じでした。用意していた原稿を登壇するまでに読み込みたかったけど、そんな時間はなかったですね。緊張しながら走り回って、ステージに立つ時には息切れ…みたいな感じで皆バッタバタでした。

本来は野外音楽堂で行われるのですが雨天のため室内開催になってしまって、余計バタバタして大変でした。

本番だけもう1回ちゃんとやり直したいです(笑)。

−ミスコンが終わってから生活に変化はありましたか?

私、ミスコンに全てを賭けすぎて、バイトは辞めちゃったんです。4年生なので授業もなくて、ミスコンが終わってから何をしたら良いかわからなくなりました。新しい目標を立てなきゃダメですね。

身の回りの変化で言えば、駅で横国生ぽい人からよく見られるようになりました。二度見は良くされるのですが、未だ声を掛けてもらったことはないですね(笑)。

あと、SNSに関心がなくなりました。ミスコン期間より前には3日に1回は投稿していたプライベートアカウントでも、投稿をしないどころか、他人のストーリーすら見なくなりました。多分ミスコン期間に使いすぎた反動ですね。ミスコンに出た理由の一つはインフルエンサーマーケティングへの興味からですが、いいね数とかフォロワー数を気にすることに疲れて、今は田舎でのんびり暮らしたいです(笑)。実家帰った時も「何もない生活幸せ!」って思いました。

あと、将来やりたいことも変化しました。SNSでどんなリーチをしたらどういう人が反応をしてくれるかというマーケティング思考から、ファン心理により興味を持つようになりました。SNSに限らず、いかにファンの人に一番喜んでもらえるかという仕事をしたいと思うようになりました。

Advertisement

−ミスコンの活動を通じてご自身で成長したと思うことを教えてください!

目標に対するコミット力を意識できるようになりました。以前は目標を立てることが苦手でしたが、目標を宣言することができるようになり、さらにその目標へ近づくための努力もできるようになりました。

それから、「自分の魅せ方」みたいなものが分かった気がします。全てにおいて自信が無くて、弱々しい態度をとってしまっていましたが、今は時と場合に応じて振る舞い方を変えられる、良い意味で自分を作れるようになった気がします。だけど素でいることは常に意識していて、その中で出す部分を変える、という感じですね。

大学外でミスカレーに輝く


−ところで、MissYNUコンテストと並行してミスカレーにも選ばれたそうですね。

私、元々カレーが大好きで、去年も下北沢カレーフェスティバルに行ってたんです。

ミスコンの活動が始まってすぐの頃、Twitterにその時の写真を載せたら、広報の方がそれを見てくださったみたいで、DMでミスカレー出場をスカウトされました。今年のイベントも元々行く予定だったので、即「絶対行きます!」と返信しました。

ミスカレーには他大学のミスの方や芸能関係者など10人くらいがエントリーしていたのですが、SNSの投稿を通して私のカレー愛が認められて、ミスカレーに選んでいただけました。

ずっとカレーが大好きで、ぶっちゃけ大学のミスコングランプリよりも欲しかったので、とても嬉しかったです(笑)。

−どうしてカレーが好きなのですか?

種類がいろいろあって飽きないからです。無限に食べられます。カレー屋さんでバイトをしていた頃は週5で3食カレーみたいな生活をしてました(笑)。自分で作るのも簡単ですしね。

−どんなカレーが好きですか?

本来の味がわかるくらいのちょっと辛いカレーが好きです。特に、歯応えを感じられる野球カレーが好きですね、イチオシは下北沢や鎌倉に店舗がある「Rojiura Curry SAMURAI.」というスープカレーのお店です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

samurai.kamakura(@samurai.kamakura)がシェアした投稿

群馬生まれ新潟育ち

−琳風(りんか)というお名前の由来を教えてください!

「琳」という字には「宝石が触れ合って鳴る澄んだ音」という意味があります。

「風」はお母さんの故郷であり、私の出生地でもある群馬の空っ風に由来します。群馬は橋の上でチャリが前へ進まないくらい風が強いんです。

なので、この2文字を組み合わせた名前に込められた意味としては、「たくさんの人と触れ合うことにより優しさや温かさを届けらるように」という感じです。ちなみに弟と妹も「王へん」の漢字で「り」から始まる名前です

−好きな場所を教えてください!

神奈川県なら鎌倉・江ノ島です。日常的に行くところではないけれど、行くとすごく気分が上がりますよね。神奈川の大学に通っているからこそ行ける特別な場所だと思います。

出身地である新潟県だと、長岡花火がおすすめです。開催場所の近くに住んでいたので、毎年観に行ってました。長岡花火を見ると他所の花火は物足りなく感じてしまうくらいすごい迫力の花火なので、皆さんも是非観に行ってほしいです。

育った群馬県で言うと、ロックハート城はいろんなドラマのロケ地になっています。ドレスを着て映える写真を撮れるので、群馬の中でいちおしのフォトスポットです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】ロックハート城(@lockheart_castle)がシェアした投稿

−野球好きとお聞きしましたが?

弟や友達など身近な人に野球をやっている人が多くて、野球が好きになりました。

主に高校野球が好きで、高校時代は城南球場に通い詰めていました。健大高崎や前橋育英など強豪校が多くあり、髙橋光成投手(現・埼玉西武ライオンズ)とかの試合も観てました。本当は野球部のマネージャーになりたかったものの、近くの進学校に共学が無くて諦めましたが、大学では野球サークルのマネージャーになることができました。子供ができたら男の子なら野球をさせたいと思っています。

憧れはコリラックマ

−好きなキャラクターを教えてください!

コリラックマです。今日もコリラックマコーデです(笑)。

お顔がすごく可愛くないですか?顔だけをグッズ化したフェイスシリーズというシリーズが好きで、昔から集めてます。

あと、コリラックマとリラックマの生き方がすごく好きです。何もしない(笑)。なりたいし、かわいい。

コリラックマは妖精、リラックマは中におじさんが入っている着ぐるみで、カオルさんという人の家でだらだらしてるんです。コリラックマの方が小さくて可愛くて色も好きなので、コリラックマ推しです。


−最後に、来年のミスコンへの出場を考えている読者に一言お願いします!

私ももともとミスコンに出るタイプではなかったですし、まさか出るとは思っていなかったけど、出てみるといいことがたくさんあります。

ミスコンに出る理由はそれぞれ色々あっていいと思ってて、例えば芸能界に興味がある子は出場経験がもちろん超有利になると思うし、学生生活で仕事しかしてないという私みたいな人も新しい武器が一つできる、将来に対してつながったりもします。中身がないけどとにかく目立ちたいという子も、ミスコンに出ることで自分の意識が変わってくることもあったりと、後から振り返るといいことばかりなので、大変なことは多いし疲れることも多いけど、迷っているなら出たらいいと思います!

長井さんのSNSはコチラ!
Instagram

(ライター:てぃー)

大学祭カテゴリの最新記事