横国後期を受験することになってしまった君へ

横国後期を受験することになってしまった君へ

この記事を読んでいるあなたは、横国後期の受験資格を満たしてしまったことでしょう。
本当は受けたくなかった。受けることになるとは思っていなかった。
ネガティブな気持ちはあるでしょう。
でも、気持ちを切り替えて挑んでみるしかないです。
ここでは一橋商学部の前期日程に落ちて横国経営学部後期で合格した僕の後期試験受験体験も交えながら横国後期について書いていきます。

「東大落ちとかいるのにうかるの?」と不安な君へ

僕は正直前期試験でうかっただろうと思っていたので、受験番号が無かったときはとてもショックでした。1年間浪人して挑んだ試験。どうしても地元(関西)を出て「異世界」で大学生活を送りたくて、東京の私大も受験しましたがかすりもせず、自信があった一橋も不合格。もう横国後期を逃すと関西から脱出できないと思うと、かなり不安でした。
特に横国後期はすごい倍率です。首都圏で枠も大きいということで、東大や一橋、京大に惜しくも落ちてしまった猛者たちが集う試験。不安が大きかったです。
しかし、当時通っていた予備校の職員さんの言葉で少し気が楽になりました。「後期横国は別に最難関大落ちばかりじゃないよ。それに、後期横国に出していて前期国公立に落ちた首都圏の受験生には、早慶どころかMARCHクラスでも合格していたら後期横国を受けずにMARCHで妥協する子も結構多いよ」
実際にそうなのかは今でもわからないのですが、皆に言いたいのは「ビビるな」ということです。どこ落ちであろうと彼らは所詮「前期不合格者」なのです。諦めきれないから受けたけど客観的に見ると実力は全然足りてない人も相当数います。もっと言うと自分もその1人でしたよ。ひどい言い方をすれば「自分はこんなもんじゃない」という勘違い野郎でした。ですが、そういう連中がたくさん受けているのが後期試験なので、多分あなたとそんなに実力は変わりません。ずば抜けた力を持っている人はほとんど前期で通っていますし、そうでなくても早慶にかかっていて横国後期は受けない人が結構います。実際、横国後期を受けてみると、教室はガラガラでした。席数のうち1割くらいしか埋まっていません。だからとにかくビビらないでください!

センターの高得点は武器になる

東大・京大・一橋・東工であれば、センター試験はどんなに高得点でも二次試験で少しミスをすると落ちてしまいます。しかし、横国後期はセンターも重視します。この得点配分の違いが僕を救ってくれたと思っています。センター得点率(2017)は85%で、前期試験落ちの人が集まる横国後期受験者の中では高かったと思います。実は、後期終了後は横国も落ちたと思い家で泣いてしまったくらい手応えが無かったのですが、センターの得点率が穴埋めしてくれました。もし午前中の教科でミスをしてしまっても、ショックを受けずに午後の試験に挑みましょう。

横国前期落ち後期合格もいる

経営学部の話ですが、前期で落ちるようなセンター得点率であっても、後期で合格できる人はいます。実際に僕の友人がそうでした。前期も二次がある他の学部でもいると思います。最難関大を落ちた人は得点配分の関係で案外センターの得点が高くない人も多いです。だからビビる必要は無いですし、そういう人の中には二次の基礎的な部分が怪しい人もいます。前期も二次がある学科であれば、問題の傾向等をわかっている分、有利なところもあるかもしれません。

ひたすら問題を解くのみ!

もう日数がありません。ただひたすら問題を解きまくりましょう!
僕自身、前期不合格と分かってから、ひたすら過去問演習をしました。
正直、それまではかなりなめた態度で受験勉強していたな、と思うくらい、必死にやりました。
ぶっちゃけ言うと、前期試験が終わってからはあまり勉強をしていなかったのですが、前期試験不合格確定後は「もう残り数日しかないんだから」と思い、本当にやりこみました。
ここで頑張れるかで人生変わります。
今からでも遅くないです。がむしゃらにやってください。

本番までに今までの敗因を考えよう

自分はなぜ今までの試験で落ちたのでしょうか?必ず考えて下さい。
これをしないと、横国後期も落ちます。
「問題演習が足りなかった」は今更どうしようもありませんが、それ以外にも敗因はあると思います。
時間配分に問題があったのなら思い切って次に行く勇気を持つべきだし、前日夜更かしをしてしまったなら少しでも夜早く寝られるような努力をすべきです。
敗因はどんな小さなことでもいいし、言い訳みたいなことでもいいです。
僕は試験前に好きな数字を手のひらに書いてましたが、横国後期ではやめました。
ほんとつまらないですよね。
なんでもいいので敗因を見つけて、それを潰していって、できるだけ横国後期は後悔が無いようににしましょう。

最後に

残り数日しかありません。とにかくがむしゃらにやってください。
さっきも言いましたが、ここで少し頑張れるかで本当に人生変わるかもしれません。
少なくとも僕は変わったと思います。

 

(ライター:てぃー)

受験生応援カテゴリの最新記事