【第5回】『大学に入ってからが本当の勉強だ!編』―合格体験記鈴木瑞穂さんの場合―

2010.11.20

こんにちはこんばんは、おはようございますの人はおはようございます。

横国の工学部、建設学科、海洋空間のシステムデザインコース2年、鈴木瑞穂さんの合格体験記最終回!!



今回は、受験のお守りや、大学に入ってからのことについてのインタビューをご紹介します。最終回、はりきっていきましょう!

―何か受験時代のお守りの様な物はありましたか?

土曜の夜、11時のドラマ『赤い糸』を心の支えにしてましたね。もう異常な程楽しみにしてました。


―受験勉強のお供はありましたか?

チョコのBAKEをよく食べていました。あと、お酢を薄めて飲むというのは今もやっています。血行が良くなるらしいので。


―今だから思う、受験時代にやっておけばよかったこととは?

そうですね…受験勉強は高校2年の9月からやっていれば、国語や社会で余裕が出てとてもいいと思います。私はぎりぎりだったので、すごく焦りました。



―大学入ってギャップは感じましたか?

大学生のフレンドリーさにびっくりしましたね。大学に入ったばかりの頃、サークルの勧誘で知らない先輩が本当にフレンドリーに話し掛けてくれました。

あとは、1年の前期に結構いい成績だったので、余裕でいたら後期にものすごく成績が下がりました。授業は毎回出席しなくちゃいけないし、勉強もしなきゃいけないし…意外と入ってからも大変です。

建設学科の場合、テスト勉強やレポート書く時にいろいろな情報が必要になるので、先輩との縦のつながり、同期との横のつながりが大事だと思います。なので、4月のサークル&部活の新入生歓迎期のイベントには出来るだけ行って、友達や知り合いを増やした方がいいですね。

そのために、4月はバイト入れない方がいいです。あと、高校と違って私服なので、洋服を買っておかないと、私の様に大学でリア充になれませんよ。(笑)


―あなたにとって横国とは?

みんなのんびりしていてちょっと地味だけど、自分的には落ち着いていて過ごしやすい大学です。みんなおいでよ!授業は大変だけどやりがいがあって楽しいですよ。


―受験生へのメッセージをどうぞ!

私は怠けていたけど、期間も決まっているので、やるなら全力で諦めずに頑張ってください!


―とても面白かったです。ありがとうございました。

ありがとうございました。



以上で合格体験記は終わりです。みなさん、参考になりましたか?みなさん、受験勉強頑張って下さいね!!それでは、さようなら!
(著者/横国naviGATEライター:いいぬまゆりえ)



<戻る 【第4回】『トンカチで釘を刺す!?謎の面接が今、明かされる!!編』―合格体験記鈴木瑞穂さんの場合―

Tags: , ,

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ