【第4回】『トンカチで釘を刺す!?謎の面接が今、明かされる!!編』―合格体験記鈴木瑞穂さんの場合―

2010.11.13

こんにちは、こんばんは、おはようございますの人はおはようございます。

横国の工学部、建設学科、海洋空間のシステムデザインコース2年、鈴木瑞穂さんの合格体験記第4弾です!!

今回は、二次試験の面接についてのインタビューをご紹介します!!


―二次試験のあとに、面接があると聞きましたがどんな勉強をしましたか?

私は二次試験失敗したと思っていたので、二次試験の後の2日間で必死に面接の練習をしていました。志望動機や、将来の夢を必死で考えて面接に臨みましたね。

でも、行ってみたらまさかの面接という名の物理の試験でした。(笑)


―面接という名の物理の試験…とは、具体的にどのようなことをするのですか?

面接1は、スクリーンに物理の問題が映されていて、それを口頭で答えなさいという問題でした。計算はせずに、あくまでやり方を説明しろという感じでしたね。

面接2は図書館のある棟で行われたんですが、入るとトンカチと釘と木があって、釘を打つ時にかかる力をすべて答えなさいって言われました。とりあえず、釘を打ってはみたのですが図書館棟なのでその音が響き渡っていました。(笑)回りから見たら、その光景はかなり面白かったと思います。


―量より質の勉強をしていたという事は、あまり焦らなかったのではないですか?

そうですね。最初は面接の内容にびっくりはしましたけど、問題自体にはきちんと答えられたかと思います。量より質の勉強をしていて本当に良かったです。

試験官としては、勉強の良し悪しだけではなく、適応力や論理的説明能力などを問いたかったのではないかと思います


―わかりました。かなり唐突なんですが、モチベーションが下がった時はありましたか?

もちろんありました。夏休み勉強した実感があったので、9月の初めの1週間くらいはだらけてしまいましたね。


―どのようにモチベーションを上げたのですか?

嫌々予備校の東進の自習室に行ったら、みんなカリカリ勉強していてとても焦ったので勉強再開しました。モチベーションが下がった時は、自宅にこもってしまわないでとりあえず学校なり予備校なりの自習室に行ってみるといいと思います。


―では、その9月くらいからは具体的にどんな勉強をしていましたか?
9月10月は二次の勉強をして、10月から二次の過去問を始めて、11月中旬くらいからセンターの過去問と予想問題を解いていましたね。センター終わってからは二次の勉強をしていました。



今回は主に面接についてのインタビューを紹介しました。次回はついに最終回!!みずほさんからのメッセージや、大学に入ってやるべきことなどを聞いちゃいます!!それでは待て、次回!!
(著者/横国naviGATEライター:いいぬまゆりえ)


>進む 【第5回】『大学に入ってからが本当の勉強だ!編』―合格体験記鈴木瑞穂さんの場合―
<戻る 【第3回】『わからない問題をどう処理する?編』―合格体験記鈴木瑞穂さんの場合―

Tags: , ,

コメント

  1. […] ありがとうございました。 以上で合格体験記は終わりです。みなさん、参考になりましたか?みなさん、受験勉強頑張って下さいね!!それでは、さようなら! (著者/横国naviGATEライター:いいぬまゆりえ) <戻る 【第4回】『トンカチで釘を刺す!?謎の面接が今、明かされる!… […]

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ