まだまだ頑張れるガラケー

2013.03.01

バスに乗って、電車に乗って、周りを見回すとスマホ、スマホ、スマホ……。
すっかりスマホは私たちの生活に溶け込んでしまいました。
タッチすると反応してくれる画面。
種類の豊富なアプリ。
パソコン向けサイトも閲覧できる便利さ。
技術の進歩には驚きを隠せませんね。

でも、ちょっと待ってください。
もう忘れてしまったのでしょうか、初めて携帯電話が世の中に現れたときのあの気持ちを。
あの分厚い本体を。
いかにもデジタル、な文字を。
メール機能がついたばかりか、写真まで撮れるようになったことを。
二つ折りになったときのあの感動を。

そう、携帯の原点はガラケーです!
スマホがどんなに世の中に出回ったって、その事実は変わりません!
まだガラケーだっていいじゃないですか。
ガラケーにだってスマホに負けないいいところ、たくさんあるじゃないですか。

ガラケーの最大のメリットは、なんといっても電池のもちの良さでしょう。
周りのスマホユーザーが「やばーい、あと充電10%だー」なんて言っているのを聞いた経験は誰にでもあると思います。
充電器を持ち歩いているスマホユーザーも大勢いるはず。
でも、ガラケーならそんな心配は無用です。
そんなことをしなくたって、一日中あなたのことを支えてくれます。

ボタンがあるのも嬉しいですね。
スマホだと慣れるまでは自分のタッチしたいところを正確にタッチしづらいですが、ボタンなら一発です。
まだまだ寒いこの季節、手袋を愛用しているかたも多いのでは、と思います。
スマホ用手袋を持ってないなら、スマホを使うためには手袋を外さないといけません。
ガラケーなら手袋をしていたって、文字を打つのもらくらくです。

容量が足りなくなって、なくなく過去のデータを消去…なんて悲しいことは、ガラケーだったら起こりません。
メモリーカードSDカードさえ買ってしまえば、容量なんてあってないようなものです。
カードを変えればまた新しくデータを保存できちゃうんですから。

ほら、ガラケーだってスマホにはまだまだ負けないんです。
この春からスマホにしちゃおう、なんて思っているあなた。
いいんですか?苦楽を共にしたガラケーを捨てちゃうなんて。
いいんですか?街中でガラケーユーザーを見かけてちょっと嬉しくなるあの気持ちを捨てちゃうなんて。
もうちょっとガラケーで頑張ってみてもいいんじゃないですか?

そんなことを言っている筆者のガラケーはもう電池パックがパンパンで、電池がぜんぜん持ちません。
……もう頑張れそうにないです。

(ライター:しもいえ)

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ