自炊男子がお送りする簡単レシピvol.2

2012.10.30

皆さんこんばんは!ひゅうまです。

自炊男子記事の第2弾です(^^)/

 

秋といえば何を思い浮かべるでしょう。

読書の秋?スポーツの秋?恋愛の秋???

人それぞれ思い浮かべることは違うと思いますが、

なんといっても欠かせないのは食欲の秋でしょう!!

 

ただいま秋真っ盛りということで、

旬の食べ物を使った簡単料理をいくつか紹介します(^^)!

 

 

 

1、簡単!まいたけご飯

 

【材料】

お米 2合

舞茸 100g

醤油 適量

料理酒 適量

材料はたったこれだけ!

今回はたまたま米2合と舞茸100gだっただけで、どんな分量でも構いません(^^)

それでは調理方法に移りましょう。

 

1.
舞茸を細かく裂き、水で軽く汚れを落とします。

 

2.
普通にご飯を炊くように米を研ぎ、調味料と舞茸を加えます。

このとき、醤油と料理酒は「ちょっと入れすぎでしょ…」というくらいたっぷり入れるのがおいしく作るコツ!

また、水分は舞茸以外のすべてを加えた状態で「しるし」より少し下回るくらいがよいです(^^)

 

3.
炊飯ボタンを押し、あとは炊き上がるのを待つだけ!これで完成です。

 

秋の旬の食べ物といえば舞茸といっても過言ではないくらい!

しかも舞茸は予想以上に手ごろな値段で売られており、

僕が買った某スーパーでは100g100円でした)^o^(

舞茸のいい香りがご飯に移り、美味しくて美味しくて何杯でもいけます!

 

 

2、簡単!さつまいもの煮物

 

【材料】

さつまいも 1/2本

砂糖 適量

醤油 適量

みりん 適量


出ました得意の煮物!

前回はかぼちゃの煮物を紹介しましたが、今回は秋が旬の「さつまいも」の煮物を紹介します。

 

1.
さつまいもを2~3㎝幅に切り、水にさらします。

バイト先で教えてもらったのですが、さつまいもはアクが強いので、

水にさらすとおいしく頂けるそうです。だいたい5~6分さらします!

 

2.
さつまいもを鍋に敷き詰め、さつまいもが浸るくらい水を加えて強火で煮ます。

 

3.
沸騰したら、砂糖、醤油、みりんを加え中火にして煮続けます。

ここで注意!かぼちゃと同様にたくさん調味料を入れてしまうと、

せっかくのさつまいも本来の甘味や風味が薄れてしまいます。

さつまいもの煮物は少量だけ調味料を加えるとよいです(^^)!

 

4.
水分がなくなったら完成です。

 

ほくほくしたさつまいもの煮物が出来上がります。

ラップに包んで電子レンジでチンして焼き芋にするのもよいですが、

煮ることによりパサつきが薄れ、程よくしっとりしたさつまいもが味わえます!

 

 

3、簡単!大学いも

【材料】

さつまいも 1/2本

醤油 適量

砂糖 適量

油 適量

片栗粉 適量


現役男子大学生が作る大学いもです!

 

1.
さつまいもを乱切りし、水に5~6分ほどさらします。

そして、そのまま電子レンジで少し柔らかくなるまでチンします。

 

2.
醤油、砂糖、片栗粉、水を加えて混ぜ、調味液を作ります。

この時、砂糖を多めに加えると甘くて美味しい大学いもになります。

片栗粉はなくても構いませんが、ある場合は少量加えるとさらに美味しくなります!

 

3.
鍋に多めの油を敷き、強火で熱したところにさつまいもを加えて炒めます。

 

4.
いい焼き色がつき、表面が固くなったら先ほど作った調味液を加え、中火で炒めます。

 

5.
調味液がさつまいもに馴染んだら完成です。

 

ごまを加えると風味が増してさらにおいしくなります!

大学生が作る大学いもって面白い!!

大学生の今だからこそ作る料理のひとつではないでしょうか(^^)

簡単でおいしいです。

 

 

 

今回も3つの料理のレシピを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

どの料理も簡単でおいしく作れる料理なので是非作ってみてください!

 

以上、自炊男子記事vol.2でした(^^)/

(ライター ひゅうま)

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ