バイトを選ぶ3つの基準

2012.05.20

こんにちは!かみおです。

新入生は学校生活に慣れてきたころでしょうか?
そろそろバイトを始める人も多いと思います。

今日は、バイトについてお話します!
横国では、多くの人がバイトをしています。塾講師や飲食業界でのバイトが人気のようです。

それでは、バイトを決めるとき、何を基準にするのでしょうか。

大きく分けて3つあります。

 

時 給

これ、大事ですよね。

大学生のバイトは時給900円から1500円が一般的です。
塾講師や家庭教師の時給は比較的高いです。
ただ、予習などが必要なので実質的にはあまり他のバイトと変わらないという意見もちらほら。

他に時給の高いバイトは、コールセンターや家電量販店での販売の仕事などがあります。接客が好きな人向きですね。



 

シ フ ト

これも時間を有意義に使いたい大学生にとっては重要です。
シフトには大きく分けて固定シフト自己申告シフトの2種類があります。

固定シフトとは、例えば月曜日の17時~といったように曜日と時間が決まっているシフトのことです。
デメリットは、予定が入ったときでも変更ができないこと。
メリットは、毎週決まった時間にバイトが入っているため安定して収入を得られること。

自己申告シフトとは、一定期間(※)ごとに自分が勤務可能な日を報告して働くシフトのこと。
デメリットは、出勤日を自由に決めることができるので少しでも面倒だと感じると出勤しなくなり、収入が少なくなること。
メリットは、予定が入ったらそれに合わせてシフトを組めること。

(※会社によって、シフト提出は1週間だったり1ヶ月だったり様々です。)

 

立 地

見落とされることがありますが、意外と大切なのがこれ。
もしバイト先が家から遠いなら交通費が出るかどうかは要チェックです。意外とかかります。

また、通勤時間は給料にならないという当たり前のことが結構ポイントだったりします。
時給は1000円だけど通勤に往復1時間かかるバイトより、時給840円の徒歩3分で行けるバイトの方がじつはお得かも…?

そして、バイト先が駅から遠い場合は事前に場所をしっかりチェックしておいてください。
面接のときに迷子になった人がここにいます(笑)

以上が、バイトを決める3つの基準です!
ぜひ参考にしてみてください♪

 

最後に、余談ですがわたしのバイト経験談を。
半年間ほどテレビ・イベント業界で働いていました。
テレビの収録やイベント会場で使う映像機器の搬入・搬出をしていたのです。
ネプリーグで背後に使われている大きな映像パネルを運んだこともあります。
完全に肉体労働で、時給は1000円ほどでした。
繁忙期は、現場間の移動時間込みで1日14時間ほど働いていた日もあります(笑)
一見華やかなテレビ業界の裏側を知ることができた面白いバイトでした。

みなさんも自分に合ったバイトをぜひ見つけてください!

 

(ライター かみお)

 

 

 

 

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ