わたしの1女生活

2012.04.04

みんなにチヤホヤされる1女(1年生の女の子のこと。何かとちやほやされる)生活に別れを告げ、ついにこの春2年生になるめぐみです。
思い返してみても、入学してからの1年間は高校時代とは違った濃さがありました。

さあ、そんな私の大学1年次の1年間を時系列で振り返ってみたいと思います。
自分語りになってしまいますが、気になる部分だけでも読んでもらえたら嬉しいです。

☆プロフィール

名前: めぐみ
学部: 経営学部国際経営学科 2011年度入学、今年2年生
サークル: 横国naviGATEESS(English Speaking Society)、Wings(国際交流サークル)、Ryu-Soc!(国際交流サークル)

 

♪3月

 

mixiの横国新入生コミュニティを利用し、同じ学科の人を探してメッセージを送ったり、メールをしたりした。

☆アドバイス

たとえmixiやツイッターを通じてでも入学前から知っている人がいるというのは大きいと思います。
学科が同じ人や興味が似ている友達とは、授業を一緒に受けたり、各サークルや部活の新歓に一緒に回ることもできると思います!

 

♪4月

 

健康診断の日に初登校したが、隣に座ったコに勇気を出して話しかけ、一緒に回った。

 

入学式後は某テニスサークルの焼肉へ行き、サークルというものをなんとなく知る。

ガイダンスのあと、某サークルの人たちが履修登録の仕方を教えてくれるというので、ついていって授業を組んでもらう。

 

自然と一緒に行動するようになった同じ学科の友達と、「国際経営学科の新入生で集まりたい!」と話し、食事会を開催することに
さっそく食事会の日程を決めて、mixiなどで宣伝していくことにした。
同時に国際経営学科のメーリングリスト(メーリスと呼ばれる、メール版連絡網のようなもの)も作成し、授業や新歓イベントで出会った国際経営学科の新入生に声をかけまくった。

 

横国naviGATEの先輩が授業前にサークルの宣伝にきた。
かねてから受験生の応援をしてみたかった私は、横国naviGATEに興味を抱く。
授業後、勇気を出し一人で先輩の元へ行って話を伺い、以降ミーティングへ参加することになる。

 

☆アドバイス

新歓期には色んなサークルのイベントに参加してみて下さい!
興味のあるサークルにも、声をかけられたサークルにも、全く興味のないサークルにも顔を出してみたらいかがでしょうか。
友達がいっぱいできるはずです!
先輩にも大学生活のあれこれを聞くことができて有益な情報をたくさん得られます!
大学にはたくさんのサークルがあるので、自分にぴったりのサークルや部活がきっと見つかると思いますよ。

 

あとは、勇気を出して周りの人に声をかけてみること。
「人見知りだから」とか、「自分とは合わなそうだから」とか、そんな考えは捨てて、話しかけてみよう!
「新入生ですか?」とか「出身どこなんですか?」とか「一人暮らし(実家暮らし)ってどうですか?」とか「履修決めた?」とか「このサークル興味あるの?」とかそんな感じで大丈夫です。
みんな不安で、友達をつくりたいはずなので、きっと仲良くなれます!

 

♪5月

 

入るサークルを決めた。

ゴールデンウィークには高校時代の友達と会ったり、他大の英語サークルと交流するイベントに参加した。

ゴールデンウィーク明けに先ほど述べた、同じ学科の新入生での食事会(国際経営の会)を開いた。
mixiでしか知らなかった人と話すことができたり、色んな人としゃべることができて楽しかった。

大学の学園祭では、サークルで出したたい焼き屋でたいやき職人と化す(笑)。

 

☆アドバイス

最初は色んなサークルに所属するのも手だと思います。
徐々に自分と合うサークル、合わないサークルがわかってくると思うので、それから対応を考えても遅くはないと思います。
特に横国のテニスサークルの大半は4月のある時期までしか加入ができないので、注意が必要です。

 

国際経営の会は、自分が幹事となって、友達と協力しながら開催することができました。
横国の経営学部ではクラスがないため、横のつながりを作ろう!と思い立ったのです。
同じ学科に通う友達がたくさんできたのは大きかったです。
この話についてはまたいつか詳しい記事を書きたいと思っています。

 

♪6月

 

だいぶ学校生活に慣れ、学食や図書館の位置もばっちり☆
ただ横浜駅にはまだまだ苦戦する。

横国naviGATEでは、夏のオープンキャンパスに向けて冊子を製作することになり、企画を考えたり、記事を書いたりした。

 

♪7月

 

国際経営の会(第二回目)を開催。
テストの情報交換をしたりしてわいわいと楽しむ。

大学生活初の期末試験がやってくる!
友達や先輩から情報収集をし、レポートやテスト前の詰め込み作業に追われる。

 

☆アドバイス

大学のテストは「いかに情報を集めるか」が大事です。
先輩や友達から過去問を入手したり、勉強を教えてもらったり、一緒にレポートをやったりするといいですよ。

 

♪8月

 

オープンキャンパスで横naviの冊子を配ったり、受験生と交流したりして楽しんだ。

アルバイトにも応募し、働きだす。

 

☆アドバイス

 

アルバイトはできれば夏休み前までに決めたいところ!
夏休みにはサークルの合宿や旅行、遊び、海水浴、帰省など、お金のかかる行事が盛りだくさん(笑)。
アルバイトは、時給だけでなく、通勤時間や立地も考慮した方がいいです。
時給1000円で通勤に40分かかる職場と、時給850円で徒歩5分の職場なら、もしかしたら後者の方がいいかもしれませんよ!

 

♪9月

 

高校時代の友達と関西へ旅行に行く。
簿記検定3級フィナンシャルプランナー技能士検定3級に向けて勉強を始める。

 

☆アドバイス

大学生の夏休みは2ヶ月間と長いので、有意義に過ごしたいところです。
資格試験へ臨んだり、友達とサークル合宿に行ったり、旅行にいったり、帰省したり、楽しみましょう!

 

♪10月〜12月

 

後期が始まる。

常盤祭(秋の学園祭)が近くなる。
横naviのミスコンインタビューへ同行したり、学祭の宣伝記事を書いたりする。

クリスマス時期には、所属するサークルのクリスマスパーティーへ参加した。

 

♪1月

 

サークルのみんなとスノボ旅行へ行く。
手取り足取り教えてもらい、運動神経0の私が滑れるようになる。

夏から放置していたフィナンシャルプランナー技能士検定の勉強を再開し、試験になんとか間に合い合格する。

2回目の期末試験がやってきたー泣

 

♪2月

 

期末試験が終わり、横国にも春休み到来!
アルバイトをしまくる。

 

♪3月

 

友達とタイ旅行へ行く。
サークルの追い出しコンパに参加したり、アルバイトをしたり、アルバイトをしたり、アルバイトをしたり、アルバイトをしたりして過ごす(笑)。

 

♪まとめ

 

とにかく大学に入って感じたことは、「人間関係は自分で築き上げていかねばならない」ということと、「広げようと思えば交友関係はどこまでも広がる」ということでした。

 

高校までは、クラスがあり、強制参加の学校行事も用意されていて、自然と友達ができたと思います。
一方大学では、クラスがなかったり、学園祭の参加義務もなかったり、サークルに所属しないこともできたりして、案外自然と知り合える友達は少ないのです。
だから自分から積極的に声をかけたりイベントに参加したりして交友関係を広げていくしかありません。

 

けれど、逆に交友関係を広げようと思えばいくらでも広がるのです。
横国で開催されるセミナーに参加してみたり、授業で隣に座った人に話しかけてみたり、色々なサークルに入ってさまざまなタイプの人の話を聞いたりすれば、学内での人脈はきっと広がります。
学外の学生団体に所属したりインカレサークルに所属すれば、他大の人と知り合うこともできます!

 

大学は「自由」であり、「自分の行動への責任」や「自ら考えて行動すること」が常に求められる場でもあると思います。
ですから、自分でやりたいことをいくらでもできますし、逆に何もやらないことも選択できます。

 

自分から行動すればきっと道は広がります。
みなさんの希望に満ちた大学生活の始まりをお祝いすると共に、楽しい大学生活が送れることを祈っています。

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ