直前対策!センター試験副教科特集〜地理編〜

2012.01.12

こんにちは、めぐみです。
もうそこにセンターは迫っているので、受験生には休んでる暇はありませんね。
二次対策も同時並行しつつ、センター対策をすすめていきましょう!
センター対策記事、今回はセンター地理についてお伝えします。

センター地理で高得点をとるには、とにかく過去問を解くこと!!
私はセンターの過去問を手に入った分をすべて解きました。
傾向をつかむことで、自分の苦手な分野がわかってくると思います。
苦手な分野がわかったらその分野を重点的に復習します。
地形図が苦手!って人は地図記号や地形の様子を表す記号を覚えたり、アメリカの地理が苦手!って人はアメリカについて復習したりしましょう。
ここで重要なのが、地図帳や図を見ること!
視覚的な情報を一緒にインプットすることで、理解が深まる気がします。
復習をするときには関連する分野を一緒に復習するとよいと思います。
例えば、アメリカの地形を復習しているときに、アメリカの河川が出てきたら、アメリカからはちょっと離れて世界各地の河川についての復習をし、それが終わったらまたアメリカに戻る、といった具合です。
地理ではグラフや地図で各地域を比較するような問題がよく出てきます。
つながりを意識することで、共通点と相違点を理解しながら覚えることができ、こういった問題に対応する力がついてくると思います。
最後に、センター試験は時間がないため、地形図の読解などの時間がかかる問題は最初に飛ばして、後から解くという手もあります。
ただしマークずれには注意です。
私は二次型の地理が得意でしたが、直前期までセンター地理は得点が70~80点台にとどまっていました。
ですが過去問を繰り返すことで慣れてきたのか、本番では自分史上最高点を出すことができました。
その経験をもってしても、過去問演習は大事だとはっきり言えます!
得点が伸びなくても、焦らずに過去問演習と復習に力を注いで下さい。
応援しています。

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ