人間文化課程合格への第一歩!

2011.09.27

こんにちは。
謎の新課程、人間文化課程1年のあやかです。

 

何をやるところかいまいちわかんないけど、
人間文化課程を受けようと思っている受験生は多いはず。

 

本日は、人間文化課程合格への近道をご紹介。

 

受験生からよく質問をもらう二次試験。
私も今年3月に人間文化課程の総合問題と闘いましたが、
謎すぎて試験中本当に涙が出そうになりました。

 

人間文化課程の合格への一番の近道は
「センター試験でいい点を取る」ことです。
わけわかんない二次に頭を悩ませるよりよっぽど確実です。

 

総合問題は配点も低く、センター後の対策で十分間に合います。
というのも、受験生は誰もがこの総合問題の対策に悩むらしく、
実際合格した人も、何もしなかったという人がほとんどです。


とはいえ、何も対策しないのは落ち着かないもの。
前期試験落ちた私が、当時の反省を踏まえ対策を考えてみました。

 

一番確実な対策方法としては、英文読解力をつけることです。
毎年、総合問題2では2〜3題の英文の問題が出題されます。
文章も問題もさほど難しくなく、答えも記号か日本語での記述なので、
英語が得意な人ならば、満点を狙える問題になっています。
横国の過去問はもちろん、同じぐらいのレベルの大学の英語を解いておくとよいでしょう。
問題でなくても、ネットや英字新聞などで芸術系・社会系の文章を探して読むのもオススメです。

 

対策が難しいのは、総合問題1。
基本的には赤本を解いて国語の先生に添削してもらうぐらいで十分でしょう。
こちらの問題では大幅には差がつかないと考えられます。
どんなに変な問題が出ても、「とりあえず書く」という気合を身につけるのが重要です。
それでも不安な人は、新聞や芸術系の本をを読んだり、社会の教科書を眺めたりするのがよいかなと思います。
冬頃にオススメの本なども紹介する予定なので、勉強の気分転換にでも横国naviGATEを覗いてもらえるとうれしいです。

 

前期でも後期でも、人間文化課程はとにかくセンター試験。
気になるとは思いますが、とりあえず二次のことは忘れて、
センター試験の勉強に全力を注いでください!!!

 

ちょっぴり不思議だけどとっても魅力的な課程です。
勉強頑張ってください!

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ