▼合格体験記~経営学部経営学科、推薦入試 太田瑞葵さんの場合~

2011.05.27

 

今回は【推薦入試】にて合格した『経営学部経営学科2年 太田瑞葵さん』の合格体験記です^^
横国を志望した理由から、1,2年生での過ごし方、推薦入試当日の様子まで詳しく話してくれています。

ぜひご覧ください!


経営学部経営学科 太田瑞葵〈オオタミズキ〉

現役合格 推薦入試 岐阜県出身




◆横浜国立大学を選んだ理由

まず国公立で経営学部がある大学ということで神戸大と横国を考えていました。それで2年生の頃は迷っていたのですが、HPを見たりして調べていたら、横国は経営者の方が直接経営理論とかリーダーシップのことを教えてくれる授業があると知って、単純に楽しそうだと思ったんです!

あと高3の夏にオープンキャンパスに来たとき、横国の学生の方がとても優しくて親身に接してくれたのも横国いいなと思った理由のひとつです。それとその時に学長さんが横国は個性が光る大学です!と言っていて、確かに横国は夜間主の人とか留学生とかたくさんいるから、いろんな立場でいろんな考えを持った人と接することができるなとも思いました。



◆経営学部経営学科を選んだ理由

将来のことを考えたときにまず自分の好きなこと、興味のあることを考えました。私はお金の計算とかより、お金を使って人はどう動いているのか、商売はなぜ成り立つのかっていうことに興味がありました。それと人が好きだから、人としっかり関わることのできる仕事に就きたかったんです。それができるのは、経営学部なんじゃないかなと思ってまず興味がわきましたね。それと単純なのですが、経営者の方が書いた本を読んで感動したんです(笑)それでもっと経営への気持ちが高まりました。


そこから経営の中で特に何がしたいかなというかんじに考えて学科を決めました。私は推薦で横国を受験したのですが、実は推薦の願書を初めに書いたときの希望は国際経営だったんです。だけど願書を書く時に「こういうことが書きたい」・「こういうことが言いたい」というのを先生に持って行ったら、“確かに国際的なこととかも入っているんだけど、それよりも企業の内部とかはたらきを知りたいというのが強く感じられる”って言われて考え直してみました。推薦では自分の気持ちをアピールしないといけないので、自分が素直にしたい!と思えて、相手にその気持ちをアピールできるのは…って考えたら国際経営よりも経営だと。そのようにして経営学部経営学科を選びました。


◆高校時代

「私の高校は普通科と特進クラスみたいな理数科がある学校で、進学は各個人個人いろんな大学にしていました。

私は理数科だったのですが、理系の学部じゃなくて経営学部に進んだし、周りにもそうやって文系に進んだ子は多かったと思います。ただ理数科の中で文系学部に進むってなると数3もやって、理科も3科目やって、社会も3科目やってだったから正直きついときもありました(笑)」


◆高校1年生

「高校1年生の時には、本当高校生活を謳歌してるーってかんじでした。勉強はそんなにせずに(笑)お菓子持って行ってわくわく~♡とか服もたくさん買って携帯もあるし、夏には海に行ったりして行動範囲も広がったしとにかく楽しかったです!部活も新体操部に入って週6くらいで活動してたし…今考えるとアクティブな生活を送っていました。」


◆高校2年生

「高校2年生でも部活を続けてて…やっぱり充実していました。

1年生と違うのは進学についての考え。この頃から大学についても少しずつ考え始めたんです。私は岐阜の高校だから周りの大半は名古屋大を目指すのですが、名古屋大には経営学部がなくて…。だから国立で経営学部がある神戸大学か横国を考えていました。距離的にはどちらも変わらないし。


でも大学のHPとかだけでどこにしようって考えるのは限界があるし、とにかく大学に行ってみよう!ってことで神戸大のオープンキャンパスに行きました。ただOC(オープンキャンパス)に行くって決めたのも突然だったので、行く前日にホテル取ったりして1人で行って、ついでに小旅行とかもして(笑)なんか小さいことなのですが高校を出て、全部一人の力で行動するってあまりしたことのない経験だったので、一つの成長のように感じました。


で、そんなこともあって横国の入試のときもその時と同じように、願掛けみたいなかんじで1人で来たりしていました。とはいえ、受験時ののかばんの中はお守りでいっぱいだったんですけど(笑)」


◆高校3年生 春・夏

「高校3年生になった春にはまだ部活もやっていて、文化祭も夏にあるからその準備をしたり、その一方で勉強もして…ってすごく忙しかったです。


私の学校は文化祭に力をいれる学校なのですが、3年生の時、学校祭の委員長をやっていたんです。それに加えてクラスでする劇でも主役をやらせてもらって。だから練習も人一倍したかったし、委員長としてもやりきろうと思い、春・夏は本当に文化祭一色でした。それで実ははじめ模試でA判定がでていたところもE判定になったり…。でも文化祭は自分がしたくて始めたことなんだから、それを言い訳にしたくなくて、すごい悔しかったのを覚えています。ただ私が不器用だから、「よしじゃあ勉強も一緒に頑張るぞ!」みたいに何でも一気にこなすってなかなか出来なかったんです(笑)だから文化祭が終わってから、本当に切り替えてやろう!てことで文化祭は文化祭で完全燃焼しました!そのおかげか文化祭後は気持ちもしっかり切り替えられました^^


◆高校3年生 秋・冬 推薦入試前

実は私が推薦を受けると言ったとき学校の先生は「推薦は受からないかもね」って言われていたんです(笑)内申も周りで推薦受ける子はオール5とか4.9ばかりなのに、私は4.7しかなくって。それに推薦で受かる人もそう多くないから、“おまけ受験”のようなかんじがふつうなんです。でも私はせっかく受けるんだから、推薦は推薦でがっつり頑張ろうと思ったんです。


推薦を受けると受験の機会は増えるけど、その分センター試験などに向けた勉強量は減ってしまいます。推薦は枠が狭いこともあって落ちることだって十分にあり得るので、センター試験の勉強も並行してやらなくてはいけないし、気持ちの焦りはありました。周りもその時期は本命のセンターや私大対策をやっていますし;でも自分で受けるって決めたんだから!と思って、負けず嫌い精神で頑張りました(笑)


私は前々から推薦を受けようと思っていたわけではないので、小論についても心得のようなものはほとんどなかったです。勉強はセンターに向けてもしなくてはいけなかったから、学校と代ゼミのサテライトで勉強していました。推薦は面接と小論なのですが、主に学校と塾でセンターの勉強、家で推薦の勉強としていました。経営学部は二次試験がなくてセンターの点数だけで決まってしまうため、二次の勉強はしなくてよかったのでそれは助かりました。


3年の8月に横国の赤本を取り寄せて、経営に関する本を読み始めました。それで9月か10月くらいから小論文をがつがつと書き始めて2日に1つのペースでだいたい書いていきました。最終的には原稿用紙の冊子を2冊終わらせました。面接もめっちゃ練習しました(笑)経営といってもいろんな職があるし、幅が広いからいろんな科目の先生に自分からお願いにいって、だいたい放課後にチェックしてもらっていました。


▼その頃の1日のタイムスケジュール

5:00 起床→小論

6:00 学校に行く準備

7:00 学校着

 SHRまで先生と前日出した小論の添削

8:00 授業にてセンター演習など

   休み時間に添削を受けた小論の手直し

17:30 放課後 センター演習or手直しした小論再び持参+昨晩書いた小論提出

   先生によってはこの時面接練習

   (場合によって21:00くらいまで学校に残ることも)

22:00まで 日によって塾の自習室でセンターの勉強

22:00~寝るまで小論課題

24:00か25:00 就寝



夜は眠くなってしまうので、朝早起きして小論を書いていました。


でも実際大学に入って、推薦合格の友達とかに聞いてみるとみんなそんなにはやっていなかったりして…(笑)まあやったなーっという達成感や安心に繋がったから、私的にはやってよかったし満足ですっ!


◆高校3年生 推薦受験前日

げんかつぎのような感じで、神戸大のオープンキャンパスに行った時と同じように電車やホテルの予約まで全部一人でして、岐阜からも一人でこっちに来ました。


ホテルにチェックインしたら横国まで下見に。その後はホテルに戻って、のんびりと今まで書いた小論の量を見てやったなーって思ったり、友達からのお守りを見たりしていました。小論は内容は見ずに量だけを見ました。内容を見ちゃうと焦る気がして。


持ち物は着替えとかの身の回り品と筆記用具、今までやった小論、あとは友達からもらったお守り、お菓子、後輩からの手紙、学校祭の写真とかをいっぱい…(笑)友達もあたしが緊張したらパニくるのがわかっているから、お守りとかキットカットの裏にメッセージ書いたのとかぬいぐるみに応援の言葉書いたのをくれて。とにかく落ち着くためのグッズを詰めて行きました(笑)それでホテルの机にお守りとかを並べて写メって友達に「超緊張(*_*)」ってメールしたり(笑)お風呂も友達から頑張れますようにの入浴剤もらってたからそれをいれて入ったし!とにかく自分を落ち着かせるためにどうするかを一番に考えていました。」


◆高校3年生 推薦受験当日

朝からもまた友達からの応援メールを見て、キットカットを食べて気持ちを落ちつけてから受験に臨みました。小論はそんなに手応えがあったわけではないのですが、たくさん小論の中で教授に自分の特色を見せたいと思って、理数科だったし理系的な分析もいれたりしました。理系的な分析といってもグラフ~とか統計的にとかですが。その後に面接だったのですが、小論とは気持ちを切り換えるようにしました。何人かずつ呼ばれるのですが、待っているときに前の人の面接内容とかが筒抜けで(笑)怖くもあったけど前の人みんな同じ質問をされているから感じもつかめたし、覚悟を決めていきました!


◆高校3年生 推薦受験後~推薦合格発表~センター試験

推薦が終わってからは落ちたものと思って、完全に切り替えてセンターに向けて勉強しました。実際センターまでもう1カ月くらいしかなかったし、周りも本当にセンターモードだったので、すっと切り替えられたと思います。


そして結果は…横浜国立大学経営学部経営学科、合格!


すごく頑張ったので、本当にうれしかったです^^ そして合格したからセンターは受けなくていいのですが…いろいろと考えた結果受けることにしました。実際センター受ける人からしたら失礼なのかなとか、周りがすごい頑張ってる中自分も合わせて勉強してあげるみたいなのはちょっと違うんじゃないかって思ったから、受けるか迷ったのですが…そのとき友達が全然悪気があってとかじゃなく単純に「お前は推薦だもんなーいいよな」みたいなことを言って。私は推薦をすごく頑張ったって思っていたから悔しくて…それならセンターまで頑張ろうと思ったんです。負けず嫌いですよね(笑)だから合格発表からセンターまでの約1カ月でセンター過去問5年分を2ターン、黒本を2ターンずつくらいやりました。やり方は教科ごとじゃなくて1年分をまとめてやっていくかんじでやりました。いろいろな問題を数多く解くのもいいかもしれないのですが、私は過去問とか過去問に似てる黒本でセンター独自の傾向を掴んだり慣れたりするために、同じ問題を2ターンずつくらいでやりました。それでセンター受けて、自己採点では横国合格圏内の点数をとれました^^


でもそれなりに友達とも遊んでいたし、センターが終わってからは学祭のDVDを作ったり、文集や卒業アルバムの作業もして充実した日々を送っていました!


◆モチベーションの維持方法

受験は長期戦だから、もちろんモチベーションが下がる時期もあったのですが、その時は経営者の方何人かが書いた本を読んで経営学部に行きたいって気持ちを再確認したりしていました。あと友達で中卒で働いてる友達から仕事の大変さや覚悟みたいなものを学んで、あたしも方向は違うけど覚悟して頑張ろうと思いました。あとは国大のオープンキャンパスに来た時にもらった国大ボールペンですかね(笑)多分そんなに良いボールペンじゃないから、書いてるとかすれたりもしたのですが、受験に関する大事な書類はこのボールペンで書くって決めて気持ちを込めていました(笑)センターにむけてはさっきの友達の言葉(推薦だしいいよなー的な言葉)でモチベーションを維持しました(笑)


◆受験に対する後悔

受験に関しての後悔は特に推薦なのですが、やっぱり付け焼刃は見破られるってこと。受験だからって適当に押し込めただけじゃだめだと思いました。ニュースとか新聞を見ただけの知識じゃなくて、そこから自分で考えられるようになっとけばもっとよかっただろうなと思いました。それと勉強はやっぱりこつこつやっといたほうがよかったかもしれません(笑)


それと受験勉強のおすすめグッズはふせんです!計画をたてるのにも使えるし、いろんな形・大きさのふせんを持っておくといいと思います。あとは計画を立てることが重要だと思うので、スケジュール帳も絶対あったほうがいいと思いますよ!


◆大学入学後のはなし

大学入る前に学科交流会とか新1年生の集いなども積極的に参加しました!推薦合格が決まった子が集まる推薦者の集いや学科交流会、mixiで新1年生が企画したオフ会みたいな集まりも参加しました。行かなくても問題はないだろうけど友達もできたし、これからの大学生活に安心はしましたね^^


今はサークル入って友達と遊んだりバイトしたりって結構充実しています!高校生のときに受けたかった”経営者から学ぶリーダーシップと経営理論”ではスタッフとして動いて、経営者の方と少し近づくこともできました!ちなみに5月からバイトも始めたのですが、7月までに30万円貯めたりしたんですよ(笑)もちろん授業も受けていましたよ(笑


◆受験生のみなさんにメッセージ

今しかできないことを精一杯やってください!もちろん受験のことも考えなくちゃいけないのですが、高校生のときにしかできないこともたくさんあると思います^^後悔をしないように、部活に学祭に受験に精一杯楽しんでください!大学で待っています♡



インタビューに快く応じてくれたみずきちゃん!本当にありがとうございました^^


 横国naviGATEライター/いずみ

Tags: , , , , , ,

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ