留学の現実!!!(インタビュー スウェーデン・ヨンチョピン大学留学 清岡城英さんvol.2)

2010.11.22

留学は『ゴール』ではない!!

伝わらないもどかしさを痛感する毎日

もともと英語が思ったように喋れないし聞き取れない状態で留学に行ったので、そういう状況が半年近く続く中でも友達の中にいなきゃいけないという苦痛は大きかったですね。相手が何を言っているか分からなくても一緒にその場にいるということ。これは結構こたえました。リスニングスキルが身についてからスピーキングスキルも身につき、そこで初めてコミュニケーションが成り立つ。それまでずっと我慢と努力をすることが大変でした。

INPUTとOUTPUTで英語を身につける 

日々友達といる中でうまく伝えられなかったフレーズを家に帰った後、英語に訳してそれをノートの左半分に書き、右半分には日本語訳を書くということを毎日毎日して、それらのフレーズを全て暗記しました。そしてその覚えたフレーズを友達との関わりの中でどんどん使っていくようにしたんです。覚えたフレーズの単語や主語・動詞を変えたりとか。INPUTしてOUTPUTするという作業を繰り返すことによって、自然と英語が出てくるようになりましたね。そういう生活を半年近く続けていたら英語力がぐんと伸びて日本語に訳さなくても意味を理解することができたり、とっさに英語で話せるようになりました。

『留学の現実』に向き合う! 

留学に行けば自然に、そして必然的にリスニング力やスピーキング力が身につくと思っている人も多くいると思うんですけど、ただ留学しただけじゃだめだと思いますね。留学に行った人の多くが〝現実″に直面して戸惑ったり苦労したりしています。留学先で友達をつくることに関してでも、自然と自分の周りに人が寄ってくるわけではなくて、自分から人の輪に飛びこんでいかなければいけません。友達づくりもやはり英語が喋れないと苦労しますね。そういったところで悪循環が生まれちゃうんです。英語が喋れない→友達がつくれない→生きた英語に触れる機会が少ない→最終的に日本人の友達を見つけて日本語ばかりを話す→英語が全然伸びないっていう人も結構います。

待ってるだけじゃ何も始まらない! 

そこで自分から能動的に行動し、変えていかないと英語は伸びない。留学はゴールじゃないんです。留学したからそれでいい訳じゃない。僕自身最初のころは漠然に留学したいと思っていたんですけど、大学に入学して経営学について学び、ゼミに入ったりするなかで、将来社会に価値を生み出すことができる人間になりたいと考えるようになりました。そういった自分の将来像へのアプローチのひとつに留学があるんじゃないかなと思ったんです。留学して英語力を身につけることで自分の世界も可能性も広がるはずだと。自分の中で留学は決して最終ゴールではないと強く自覚していました。だからこそ留学してから英語の勉強も必死でしたし、友達をつくる機会にどんどん飛び込んでいったし、自分でパーティーを開いたりしたし、授業の中でもただついていくだけじゃなくて自分がディスカッションの中心になれるように積極的に発言したりなど1年間能動的に活動できました。

留学は最終目的ではなくてあくまで〝手段″であるということを意識しておくことが留学を実りあるものにしてくれると強く思います。

 留学自体がアドバンテージにならない就活の現実!!

僕は4年の夏に留学から帰ってきて、その年の秋ごろから就活を始めました。大学生活を振り返ると、その中の大きなウェイトを占めるのはやはり留学でした。だから就活でも留学について話すことが多かったんです。でも選考が進むにつれ、企業の留学の捉え方というのがなかなかシビアで苦労しました。留学していると就活に有利になると思われがちですが、留学は珍しいことでもなくて、むしろ当たり前になってきているんです。企業によると思うんですが、僕は海外展開をしている企業を中心に受けていたので英語を話せるのは前提条件というか、留学自体が他の人と差をつけるアドバンテージにはなりませんでしたね。ただ単に留学をした、だけではなくてどうして留学に行きたいと思って、留学先でどんな事を身に付けたか、そしてその力を今後どのように生かしていきたいのかまで論理的に話すことができないと就活では評価してもらえないんです。さっきも話したように留学はゴールじゃなくてあくまで手段なので、これから留学に行く人・留学を考えている人はそのことを覚えておいて、自分が留学で何を努力して何を得たのかということなどを胸を張って人に言えるような留学をしてほしいですね。

最後に…

留学は自分の人生や価値観に凄く大きな影響を与える絶好の機会です。そこで自分からどんどん行動して、怠ることなく努力を続けることで必ず実りある留学生活を送ることができるし、留学後の人生にもその成果は何らかの形で表れると思うんです。いや、表れます!!だから留学を目指している人はその目標を最後まで諦めずに追い続けてください!!

最後まで諦めず掴み取った留学!!(インタビュー スウェーデン・ヨンチョピン大学留学 清岡城英さんvol.1)に戻る

Tags:

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ