学歴について

2011.03.30

こんにちは。引っ越し作業が忙しい松木です。

これが僕の最後のコラムになります。今まで僕のコラムを読んでくださった全ての皆さまに感謝します。

今日のテーマは「学歴」について、僕が考えていることを書かせて頂こうかな、と。


横浜国立大学ってぶっちゃけ世間的にどうなんだろう?
大学受験をする際に一度は考えたことでしょう。
真鍋かをりとかビーズの稲葉さんとか、そこそこ有名人の卒業生はいるみたいだけど・・・
こんな感じでしょうか。

2チャンの学歴板を見てみても、そこそこ評価は高いみたいだけど上には上がいるっていう・・・
学歴なんて関係ない、大切なのはその人の中身だ!なんていう考え方もありますし、ちょっと考えてみただけだと納得できそうですが、それでもまだまだ世間的には学歴が重視されているのも確かであると感じます。

高学歴の人=優秀な人、という等号は必ずしも成り立つとは限りませんが、厳しい受験勉強に耐えてきたという「努力値」のようなものは評価されてしかるべきであると僕は考えています。
僕は工学部の人間なのですが、感覚として横浜国立大学を目指して入学してきた人はあまり多くはないのかな、という実感です。

東京工業大学や早稲田、慶応に行きたかったけど不合格だった、といういわゆる「東工落ち、早慶落ち」が多いな、と。

新歓期は受験の話で大いに盛り上がりました。「俺、東大目指していたんだけど」とか、「ほんとはここ来るつもりなかったんだよねー」とかとか。

ここからは完全に自分の考えなのですが、第一志望に受からなくても、だからどうしたって感じです。
精いっぱい努力して、それでも駄目だったんだから現実を受け止めるよりほかはないのではないかな、と。
後悔する気持ちは非常によくわかるし、納得できない部分もあるとは思うのですが、それをプラスの方向に向けることができれば、素晴らしい大学生活を送ることができるのではないかな、とも思うんです。

行きたい大学ではなかったから大学生活が面白くない、なんて言う暇があったら自分が環境を変えてしまえばいいと思います。それができないなら自分をうまく環境に合わせるか、より自分が好きな環境に移動するかだと思います。

えーと話が拡散してきてしまったので学歴の話に戻りますが、僕は学歴は必要以上に気にする必要はないと思います。中卒や高卒で働いている知り合いや大学を途中で辞めてしまっていてフリーターのような友人がいますが、彼らには尊敬できる点がたくさんありますし、人間としてとても魅力がある人もいます。

結局「その人次第」ってことですね。

学歴を自慢する必要もないし、コンプレックスに思う必要もないです。また、他人の学歴に対して過大に評価したり、見下すのもナンセンスです。

学歴に縛られることなく、自分の人間性を豊かにしてお互いに尊重しあえるような人間関係を育んでいきたいですね。

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ