卒業する4年生より。

2011.03.22

こんばんは。松木です。今回の記事のテーマは「卒業」です。



この記事を読んでいる方は大学1年生か大学2年生かそれとも受験生か・・・

主に僕の体験をもとに、感じたこと考えたことを書きたいと思います。これからの大学生活を送る上での参考にしていただければ幸いです。


【やっておけば良かった】
まず、卒業を2日後に控えた今一番思うことは、なんでもいいからひとつのことに【がむしゃらに】なって取り組んでおけばよかったなあということです。

4年間を振り返ったときに、色々とやりたいことが多すぎてどれもこれも中途半端になってしまったという反省があります。

勉強でもいいし
部活でもいいし
アルバイトでもいいし

「俺は大学4年間でこれだけは一生懸命やったぞ!」
て言うものが一つもないのは少しさびしいです。。。

あ、もちろん今何かに一生懸命取り組んでいる方は素晴らしいです!ぜひ継続してください。きっと卒業するまでに自分の自信になっていることと思います。


他にも色々あります。もっと遊んでおけばよかった、勉強しておけばよかった、資格を取っておけばよかった・・・後悔しか出てきませんね。


【やっておいてよかった】
1.運転免許

逆に大学時代にやっておいて良かったと思うことは、車の運転免許を取ったことですねー。

社会人になるときっとまとまった休みが取りづらくなるので、教習所に通う時間の確保が難しいと思います。なのでお金と時間に余裕のある人は是非大学生のうちに車の運転免許を取っておくことをお勧めします。


2.自己分析
また、自分自身の過去や現在、将来について深く考える機会を持てたのも良かったと思っています。
多くの大学生は大学3年生になると就職活動(就活)を始めます。そこで自己分析という作業を行うのですが、おおざっぱに言うと自問自答ですね。「自分は将来どういう人生を送りたいんだろう?」「それはなんでだろう?」という風に繰り返し考えていく作業です。
僕の場合は高校生の時に、自分の将来についてあまり真剣に考えていませんでした。
考えたって答えは出ないし、そもそも考えること自体が面倒くさいし。
誰かが「おまえはこういう人生を送れ」って道を示してくれた方が悩まずに済むので、ある意味楽チンかもしれません。しかしそれだと主体性のない人生になってしまいますよね。

人生は考え、決断していくことの連続であると思います。

僕が言うと偉そうに聞こえるかもしれません。しかし、ぜひ大学4年間のうちに自分の人生について真剣に考え、主体的に行動していける力を身につけてほしいと思います。


3.読書
あとは、読書をお勧めしますね。
僕、高校生のときには全然本読まなかったんですよ。読まず嫌いしてました。
最初は軽めの小説なんかいいと思います。だんだん読みたい本の種類が増えていきますよ。
本を読めば読むほど新しい発見があり、自分の持っている知識の少なさを実感します。

他にも言いたいことはたくさんあります・・・


【その他アドバイス】

思いつくままに書き出してみますね。
・浅い付き合いではなく、色々自分の過去や将来について相談できるような深い付き合いのできる友達を作りましょう。
・レポートは早めに仕上げましょう。
・やるかやらないか迷った時はとりあえずやってみましょう。失敗したら素直に謝りましょう。社会人になってから失敗するよりはマシだと思いましょう。
・部活やサークルに入らない人は、たまに運動しましょう。ストレス発散になります。
【これは大事】自分からどんどん情報を集めましょう。待っていたっていい情報は自分のもとにはやってきません。常に広くアンテナを張っておいて、「これは!」と思うものについてはとりあえずアクションを起こしてみましょう。何かが変わるきっかけなんてけっこう身近にあったりします。


では長々と語ってしましましたが、悔いの残らぬよう充実した大学生活を送ってください!
僕は充実してましたよ。ええ。

追伸:立教高校の校長先生の卒業生に向けての言葉はこれはもうほんとに是非全ての大学生に読んでほしい!というか読むべきです。
→卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ。(校長メッセージ)

自分としては、文中の「大学に行くとは、「海を見る自由」を得るためなのではないか。」というフレーズが特に印象的でした。大学4年間という時間の過ごし方は人それぞれ。ただなんとなく過ごすのではなくて、意識を変えることでいくらでも密度の濃い時間を過ごすことが可能でしょう。

コメント

  1. […] 最後に、就活を終えた先輩の記事を二つ紹介します。 参考になるのでぜひ読んでみてください♪ http://ynunavi.com/?p=3231 http://ynunavi.com/?p=3218 […]

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ