【質問に回答】経済の雰囲気に関して、テニサーに関して

2011.03.03

こんにちは、経済学部国際経済学科2年のこへです。今回いただいた質問に回答させて頂きたいと思います。

Q : 経済学部の学習はやはりがっちり理論を学ぶという感じになるのでしょうか?

A : 経済の専門科目については、教養教育科目(他学部と一緒に受講する語学や教養科目)が中心となる1年生の時には専門基礎科目という形で経済学に関わることができます。具体的には「ミクロ経済入門」や「マクロ経済入門」、「経済史入門」、といった類のもので、経済の入門科目として機能しています。これは、合計しても6科目しかないので、1年生の時は、あまり経済を勉強しているという感覚ではないかもしれません。2年生以降の学習では、より詳しく経済学を勉強することになります。なので、専門基礎の時から理論をしっかりと教わることができます。しかし高校や塾や予備校のように手とり足とり教えてくれる教授は少ないので、「教授の話していることを教わりに行く」というスタンスになると思います。
なので、経済を本気で極めたいのなら、教授に自分から聞きに行ったり、専門書を読むなどの努力をしなければなりません。


Q : 経済学部の国際経済学科、経営学部の国際経営学科の生徒の雰囲気はどのような感じですか(例えば勉強熱心な生徒が多い、遊んでばかりいる生徒が多いなど)

A : まず学生の雰囲気ですが、勉強に熱心な人もいれば、学外の活動を一生懸命やっている人まで、本当に人それぞれです。個人的には、経済学部は勉強にも遊びにも良い意味で真面目な人が多い印象を受けます。経営学部は経済学部に比べやや華やかな人が多い印象です。しかし、両学部とも、学業以外(サークル活動やダブルスクールなど)で一生懸命頑張っている人が大勢おり、時間を有効に使っている人が多い印象です。
<補足> : 経済学部は経済システム学科と国際経済学科の違いはほとんどないので、学生の雰囲気は上記の通りです。経営学部に関して国際経営学科は、1年生の時の数学の授業が他学科に比べ少なく単位が取りやすいため通称「神の国経」とよばれているとか…

Q : テニスサークルの数と、その雰囲気(これも入学したら検討するので、大まかな感じで結構です)

A : 横国では、15個前後のテニスサークル(通称テニサー)が活動しており、これは、横国の中でも最大級の規模です。それぞれ、横国生オンリーの所から近隣の女子大と一緒に活動している所まで様々です。横国のテニサー同士が集まる大会もあり非常に盛り上がっています。全体的にはテニスだけでなく、イベントや飲み会が多いのも特徴です。それぞれ個性があるので、この春公開予定のサークル特集を是非ご覧になって頂けると嬉しいです。

以上で今回は終わります。
(横国naviGATEライター/こーへい)

Tags: , , ,

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ