人とは一味違う大学生活を@WORLD!!(インタビュー 大学を飛び出して世界一周!!伊藤宏次さんvol.1)

2010.11.02

―1年間世界を旅してきた世界規模の凄いヤツがいると巷で噂の、経済学部経済システム・法と経済コースの4年伊藤宏次さんに加地が詳しく話を聞きました!!

 

自分にしかできない生き方を!―世界36カ国の旅―
2年生の春休みから3年生の春休みまで大学3年生の1年間、中国、東南アジア、南アジア、中央・東ヨーロッパ、中東、東・南アフリカ、それからオセアニア…と、36カ国を旅してきました。36カ国全部言うのは…大変なのでやめときます(笑)

世界一周のキッカケ

どうして1年間大学に行かずに世界を旅してきたかというと、一言でいえば“外”に出てみたかったから。大学でもない、日本でもない、世界に。このことを考え始めたのは1年生の後期からでした。大学にも慣れた1年後期の期間に今後の大学生活を通してやりたいことってなんだろうと考えたんですけど、その時出てきたのが世界を旅する、ということ。きっかけは友達から借りた本なんですが、その本の筆者は早稲田大学時代に世界準一周した人で、凄く感銘を受けたんです。今僕のいる世界の“外の世界”を自分の目で見て体感してみたい、と。

“人とは違う”大学生活を送りたい

それに、大学って本当に自由でいろんな人がいるから凄く周りの環境に流されやすいと思うんです。僕は周りに流されたくなくて、そういう流れから飛び出して人とは違う、自分にしかできないやり方で自分の夢ややりたいことにぶつかっていきたいと強く思ったんです。

親のGOサインをゲットせよ!
自分の中で世界を旅すると決心したものの、やはりなかなか親の了承を得ることができなくて苦労しました。特に母親が反対していたんです。でも最初から簡単に親が許してくれるとは思ってなかったので旅を決心してから帰省のたびに親と話し合いましたね。自分の子供を危険な目に合わせたくないという親の気持ちも十分わかっていたし、このたびの実現のためには親の協力なしでは不可能だということも理解していたので、親が納得してくれるまで話をしました。親が安心できるような旅行プランを立てたり(実際にはその通りには行かなかったけど)、予防注射を受けたりして、何とか半年かかって親の了承を得ることができました。

バイトして、説得して、調べて、打っての準備期間

旅を決めた1年生の冬から本格的にバイト代を貯金するようになりました。月75000円を別口座に貯金しました。最終的にバイトで貯めたお金と奨学金で110万、奨学金を1年継続して約90万、トータル200万円を旅費として確保しました。結局1年の旅を終え、日本に帰国してきた時手元に10万ぐらいあったので、旅では大体180~190万円くらいつかいました。

バイトも大変だったんですが、予防注射を受けるのが凄く大変でしたね。旅のプランを立て航空券などのチケッティングは2年生の後期には完了していて、行き先も決定したら次にやらなければいけないことが予防注射だったんです。

予防注射を打ちまくる日々

予防注射は2年の10月くらいから打ち出したんですけど、黄熱病・日本脳炎・破傷風・A型肝炎を2本・ B型肝炎を2本・狂犬病を3本、合計10本もの予防注射を打ちましたね。全部打ち終わるのに1・2カ月かかりました。予防注射って1回に2本まで、1週間に1回しか打てないんです。しかもその値段も病院によって違うので、僕は横浜市の10か所以上の病院を調べてそれぞれ一番安い予防注射を受けました。結局、合計5万円以上かかりましたね。親が安心できるように多めに予防注射を打ったんですが、僕自身初めての世界旅だったので、例え高額になってしまってもしっかり予防注射を打つことに迷いはありませんでした。

情報収集こそ身を守るワンステップ
旅の最中に特に注意を払っていたことは、やはり貴重品と命の管理です。現地の状況をいつも気にしていました。自分の行き先の状況を把握していないと貴重品どころか命も危ういですからね。旅人同士で現地の情報を交換していました。ニュースを見ても、大学教授に聞いてもインターネットで調べても現地の“今”の状況は刻々と変化しているし、実際にどこのどの場所がどの時間危ないだとか、どの宿が安全なのかっていうことは実際に旅をした人にしかわからない。自分の身を守るためにも旅先の情報は正確に把握していないといけません。みなさんもどこかに旅行に行く時はしっかりと調べていってください。どんな所にも特定の時間に通ってはいけない危険な場所というのが存在してますから。あまり過敏になりすぎてもせっかくの旅行を楽しめなくなってしまうと思うんですけど、日本人って凄く平和に慣れているからちゃんと旅行先を調べることで安全で更に楽しい旅行になると思いますよ。

Vol.2へ進む

Tags:

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ