浪人生ライターから学ぶ!センター試験の心得!第二弾!

2011.01.06

あけましておめでとうございます!いずみです。


いよいよ2011年となり、受験生のみなさんには勝負の年がやってきましたね。迫りくる試験に緊張している方も多いのではないのでしょうか。

しかし受験生みーんな同じ思いを抱えています。どうか今までの自分を信じ、あと少し頑張ってください!


さて、センター試験の心得第二弾です!

今回は私の浪人時代のセンター試験を振り返ります。以前アップした現役時代のセンター試験ドキュメンタリー《浪人生ライターから学ぶ!センター試験の心得》と比較しながらお楽しみください。


また長くなってしまいましたので、読む時間ないよ!という方は下に要点がまとめてありますのでそちらをご覧ください^^



2010年1月15日(金) センター試験前日


この日は予備校の授業もなく、最終確認の質問タイムがあるだけ。朝から予備校に来た私はわからないところの口頭チェックをこなし、荷物置き場に向かう。


友達と声をかけあいながら、明日の荷物をそろえる。センター試験の休み時間は意外と時間があるため、その間見るための今までの模試反省シートや公民の流れチェックシートをカバンに入れる。


いろいろと思うことはあるが、荷物置き場に積み重なった今までの模試や問題集を見るとやってきたなーと実感する。んーやり残したこともあるかもしれないけど、でもやりきった!うん!そう思おう!


事務所で先生たちに激励の言葉をもらい、家に帰る。お母さんの作ったあったかいごはんを食べる。お風呂。犬とわちゃわちゃ遊ぶ。ストレッチをして、布団に入る。緊張しいな私は試験前に特別なことをするよりもいつも通りの方が落ち着けるため、できるだけ普段通りを心がける


布団の中に入ると、目をつむり頭の中で一人センター試験をする。起こりうる全てのことを思い浮かべ、対処法まで考えてみる。起きやしないとは思うが、もし起きたときに対処できるように念には念を。


もう一人センター試験も終わったが、あまり眠くならない。ただ寝なくても当日は緊張で頭が冴えるという予備校の先生の教えにより、目だけ閉じて横になっておく。このときは試験のことではなくチョコレートなど自分のすきなもののことを考えたり、ぼーっとしたりしている。知らない間に眠りにつき、朝を迎えた。



2010年1月16日(土) センター試験1日目


睡眠時間の短さにも関わらず、すっきりと目覚める。ストレッチをして血流を良くしてからリビングに行き、軽く朝ごはんを食べる。


浪人生は私服であるため服装も少し考える。上はヒートテック、薄手のセーターに白いもこもこのアウター、下はジーンズに靴下、ショートブーツか何かだったと思う。足元が熱いと眠たくなることがあるため、靴は脱ぎやすいもの、更に手を冷やさないように手袋をした。ちなみに英字プリントのあるものは脱がされるor裏返しに着なければならないため十分に気をつける必要がある。現役のときはそのような浪人生を見てびっくりしたものだ(笑)


そして少し早めに出発。事前の下見で休憩所も見つけていたためそこに行って待機する。母校の先生や後輩を見つけ、隠れる。


 そろそろ入場の時間。休憩室を出て、会場へ。トイレも済ませた後、かわいい子を見つけたり音楽を聴いたりして時を過ごす。ああー懐かしい…。周りの人が賢く見えたりもするが、おそらくみんな同じ気持ち。行く大学は違うであろうが切磋琢磨だー!浪人生、周りに友達も少ないため、一人でポジティブな考えにいたり、いよいよ試験監督が話し始める。


 この後試験概要の説明やいろいろな確認があった後、公民の問題が配られる。名前、受験番号などを記入し、試験開始。


1時間目 公民 政経の問題が何ページから何ページまでかと抜けているページがないか確認し、問題を解き始める。解き終わった後はマークミスがないか念入りにチェック。よし、いつも通り解けた!

2時間目 地歴 政経同様の確認をし、地理AとB間違えないようにチェックする。世界地図を軽く思い返しながら問題を解く。うーん…できたかな。まぁ切り替え!次だ次だ―!おっとその前にマークミスチェック。


お昼ごはん お母さんを思い返すとなんとなく泣きたくなるため、コンビニのごはんを用意している。予備校の友達と廊下みたいなところでごはん。周りの子たちが口々に試験の出来を言っているが気にしないようにし次の試験に思いをはせる。


3時間目 国語 考えていた時間配分で古典、漢文、評論、小説の順に解く。古典はやったことある気がするが、うっわー…漢文できた気せん。まぁいっか。うん。いいよね。うんうん。マークミスチェックは軽くしかできなかったが多分大丈夫であろう。

4時間目 英語 漢文の失敗を打ち消すように深呼吸。試験の形式変化を見た上で時間配分を考え、解き始める。残った時間でマークミスチェック。できたかも!よし!

<strong5時間目</strong リスニング 去年の反省を生かして長い待ち時間も寝ないようにする(笑)


1日目終了!門のあたりで予備校の先生や友達と声をかわし一度予備校に寄る。数学の基礎事項確認や模試反省シートなどを持って帰宅。

その日は疲れてゆっくり眠る。



2010年1月17日(日) センター試験2日目


1時間目 生物 政経同様ページ確認や抜けページ確認をした上で解き始める。え?簡単すぎる。問題間違ってないよね?ない。えーでもよかった。ラッキーな年だと思って、マークミスやケアレスミスがでないようにチェックしつつ解き進める。

2時間目 数学ⅠA 去年の失敗は繰り返さないぜ―!しっかり確認!解答用紙の数学ⅠAのところもしっかりマークする。深呼吸をしてから解き始める。よし!ケアレスミスをしないよう気をつけながら解く。しかし…なんか解けていない気がする…。不安だー。でもちゃんとⅠAを解いたしいいよね。


お昼ごはん 前日同様。チョコレートも欠かさず摂取。


3時間目 数学ⅡB ⅠA同様しっかりチェック!もしベクトルや数列が解けなかったときのために統計も一通り目を通し、解き始める。うーん微妙。でもこれで終わり!気を抜かないで最後までしっかりね!

そしてセンター試験終了!理系の人たちお先に失礼!そんな気持ちで会場を後にする。あーーーー!終わった!!!



こうして終わった人生2回目のセンター試験。結果は

国語:160/200

英語(リスニング):184(42)/200(50)

数学ⅠA:54/100

数学ⅡB:54/100

政経:84/100

地理:84/100

生物:92/100


8割には届かなかったものの、昨年より100点近くあがりました。そして浪人生の強みは二次試験!横国の経済学部はセンター試験と二次試験の配点の比率が1対1なので横国に出願。この日から二次試験の問題をこなしていきました。


さてみなさまいかがだったでしょうか?なんとなくセンター試験のイメージがつかめましたか?2度も経験したセンター試験、みなさまのお役に立てればと思います。


また長くなってしまったため、最後に要点をまとめたいと思います。

一、眠れなくても目を閉じて横になる。とにかく体を休めるべし。

二、もし眠れなくても案ずることなかれ。本番は緊張のため頭が冴える。ただ体は休めるべし。

三、普段通りの行動を心がけるべし。

四、何事も準備が大事!一人センター試験を頭の中でよい、するべし。

五、大丈夫、大丈夫、大丈夫…十回口に出して言えばほら『叶』

六、少し早目の行動を心掛けるべし。出発、トイレの場所、自分の席の確認など。

七、周りもみーんな同じ気持ち。一人ではない。焦ることなかれ。

八、机の上の準備は万全か?鉛筆、消しゴム、受験票、時計、目薬等チェック!

九、不安があれば試験監督に聞け!落書きがある、目薬だしていい?など。

十、世界史AとB、数ⅠとⅠAなど注意せよ。また、解答用紙のマークもチェック!

十一、 みんなの鉛筆のかりかり、気になるが一度深呼吸をして解き始め。落ち着きが何より大事になる。

十二、 リスニング前は寝るなー!

十三、 チョコレートはこまめに摂取せよ。おいしい。

十四、 丸付けは2日目終わった後!1日目の後にはしないこと。

十五、 今までよーく頑張った!もしできなくても切り替えよう。自分を信じて。

 

以上です^^ありきたりなことばかりとなってしまったかもしれませんが、浪人生ライター泉のセンター試験心得でした!

それではみなさん、あと少ししっかり踏ん張って頑張ってください!横navi一同心から応援しております!(横国naviGATEライター いずみ)

Tags: , ,

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ