【再UP】往復4時間!?実家通いの実態

2013.03.18

※この記事は2010年11月3日にUPされたものです。




国大に来て、早くも3年と半年ほどが経ちました。


授業のある日は、さいたまから片道2時間往復4時間かけて通ってきました。
慣れとは恐ろしいものです。


定期が2枚ないと行けないってのは、あまり知られていない事実・・・。


それに、終電が11時台前半ってとか・・・。

飲み会はいつも泣く泣く帰ってました。

オールしてもいいんだけど、オールばっかじゃ体がもたないからね。

それに次の日大学で「昨日と服一緒じゃない??」って突っ込まれたら痛いし(笑)



もう、お思いでしょう。なんで2時間もかけて通っているの??

住居を横浜に移し、一人暮らしすればいいじゃん!って。

えぇ試みましたよ!一年生の時に!!




・・・・・(過去へ)・・・・・

数日大学に通ってから、実家にて、



自分「やっぱり2時間は辛すぎる!一人暮らししたい。」

母「でも、通えたでしょ??」

自分「・・・まぁ通えるけども・・・1限の日が辛い!」

母「6時に起きれば間に合うでしょ??」

自分「・・・確かに」

母「一人暮らししてもいいけど、仕送りはゼロだから。だってあんた通えるのに一人暮らしなんて贅沢よ・・・ねぇ?」

自分「うぅ・・・。仕送りゼロじゃ無理だ。家から通いますよー


・・・・・(現在へ)・・・・・



とまぁ、実家から通うのが4年目に突入しました。

横浜駅まで来ることは全く苦じゃないんですよ(※慣れればの話。1限がある日は苦です。冬場なんか夜明け前に家出るなんて・・・笑)。



その先が大変。横浜駅から大学まで30分はかかる・・・。


地下鉄では地下深くまで下り、三ッ沢上町という最寄り駅(?)から地上に出るのに時間がかかり、さらにそこから徒歩15分!


相鉄では、和田町という最寄り駅(?)から和田坂という魔の坂を登り、徒歩20分!


最寄り駅が最寄ってないのが国大です。



だから、大学周辺に住むのなら、大学近く、それも坂の上をお勧めします(大学と反対側の坂の下に一人暮らししている友人より)。




まぁ悪いことばかりではないんです。


電車の中で、レポート書いたり、本読んだり、新聞読んだり、試験勉強したり、足りない睡眠補ったり(これはおかしいか笑)、人間観察したり、物思いにふけったり、途中下車しまくったり(魔法の定期と呼ばれた都内乗り放題定期のおかげ♪)って色んなことできるし。



むしろ、時間を有効に使えていたかなぁとも思える。

それに帰りてぇってなったら家が遠いことを理由に帰ったりもできる!(笑)

部屋を飲み会会場に使われ、荒らされることもない!

帰ればご飯が待っている!家事あんまりしなくて良い!




良いことのが多いかも(笑)だから、多少時間かかっても通えるなら実家からのが絶対楽!自分の時間もとれる!



地方出身者が多いとよく言われているけど、こうやって実家から通っている学生もそこそこいます(※埼玉だって地方だろ!って意見は受け付けません)。
えぇそこそこです。


ってこんな風に書きものしているとあっという間に横浜に♪4年目となると、横浜が近く感じてしまうという錯覚に・・・(笑)



次回は、実家生の生の声でもお伝えすることにします。ではー。

Tags: ,

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ