【第1回】『勉強、バイト、部活、そして彼女。華の高1編』―合格体験記青柳卓也くんの場合―

2010.11.20

横国の教育人間科学部、学校教育課程、家庭科専攻1年の青柳卓也くんの合格体験記を5回に分けてご紹介致します!

初回である第1回は青柳くんが高校1年生の時どのように過ごしていたのか、勉強、部活、塾についてのインタビューをご紹介したいと思います。


―簡単に自己紹介をお願いします。

「教育人間科学部学校教育課程家庭科専攻1年の青柳卓也です。受験は12月にある推薦入試で横国に来ることが決まりました!」

―高校はどんな高校でしたか?

「栃木にある県立の進学校でした。多くの人は旧帝大を目指している学校です。ただみんな1年のときからがつがつ勉強しているわけではなくて、遊びつつ着々勉強している人もいれば3年になってから勉強モードに切り替える人もいました。あ!ちなみに男子校でした!」


―部活などには入っていましたか?

「俺はバドミントン部に入って週5、6くらいで活動していました。でも結局1年の夏の大会以降はそんなに真剣にやらなくなりました。その代わりに家でいろいろあったというのもあり、その頃からバイトを始めました。」


―バイトは何をしていましたか?

「コンビニの店員で朝から夕方までを週2くらいですかね。受験が本格的になる3年生まで続けて、稼いだお金は最終的には塾代にあてていました。そして俺は受験が12月と他の人よりも早く終わったので、合格した後はバイトを再開しました。」


―多忙ですね。そんな中、1年生の時は勉強していましたか?

「そうですね。バイト以外の時間は勉強や文化祭などの学校行事…あとやっぱり1年生だったし遊んでいました^^」


―高1でやっていた自分の勉強って主にどんなことですか?

「んー英語は“つむぐ英単語”という単語帳と“自分で作った単語帳(めくるもの)”を使って英単語と文法をこつこつやっていました。数学はほんっとうに嫌いだったから“青チャート”や“フォーカスゴールド”という高校で配られた教材をちょこちょことやっていました。他の教科は授業くらいでそんなにはやっていません。」


―塾は通っていましたか?

「はい。1年の9月から週1で地元の小さい塾で英語だけ習っていました。そこで英語の単語帳を作るように勧められたのですが、それはやっぱりやってよかったなと思っています^^」


―青柳くん英語得意ですよね^^その裏にはそうゆうコツコツがあったのですね!

それでは高校2年生になってからも同じように勉強していたのですか?

「そうですね。高2もそんなには変わりません。勉強、バイト、時々バドみたいなかんじですね。あと彼女…?(笑)


―なるほど(笑)でも男子校なら彼女と学校で会うとかはないですよね?どうしていたのですか?

「塾が一緒だったからそこで会っていました。塾も授業は週1だったのでそんなに頻繁には会っていません。ちなみに塾長の娘でした…(笑)」




―バイトに勉強に彼女にと充実した1年生を過ごしていた青柳くん!次回は青柳くんの高校2年生時代と進路決定についてのインタビューをご紹介したいと思います。それではお楽しみに!

パート2へ続く

Tags: , ,

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ