【レポート】常盤祭2018『Polaris』

【レポート】常盤祭2018『Polaris』

横国では11/2-11/4の3日間、常盤祭『Polaris』開催されました。
この記事では、常盤祭の様子を振り返っていきます。

横国凱旋!経営学部OG・福田萌さん トークショー

今年は「Miss YNU Contest」が20周年ということで、Miss YNU グランプリ受賞から芸能界入りを果たしたタレントの福田萌さんを招いたトークショーが行われました。

トークショーは30分ごとの二部構成でした。
第一部は、司会者から福田さんへのインタビュー形式で行われました。
高校時代にオーストラリア留学をしたことが岩手県から横国の経営学部へ進学するきっかけとなったことや、所属されていたサークル(ESS)で推薦されてミスコンに出場することになったこと、青木ゼミでTSUTAYAとGEOの卒業論文を書いたことなどをお話しされました。後半は事前に一般募集された質問にも答えてくださりました。男子学生からの「どうやったらモテますか?」との質問には、一度は「ファッションにこだわりすぎない方が良いと思います」と答えられていましたが、「旦那さん(オリエンタルラジオ・中田敦彦さん)と初めて会った時、彼はドクロの服を着てて、ドン引きしましたね。やっ!ぱり中身が一番大切ですね。」と答えられていました。
第二部は今年のMiss YNU ファイナリスト5名との対談形式でしたが、残念ながら雨天のため途中で中止となってしまいました。

☆当日の様子について、福田さんもブログを更新されています!ぜひご覧ください!

Mr. YNU Contest 2018

結果は以下の通りです。

グランプリに輝いた熊本さんは、現役横国生ながらチャンネル登録者数合計20万人超(執筆時)を誇る人気YouTuber・スーツさんの動画に出演されていました。

横ナビでは先日、熊本さんにインタビューさせて頂きましたが、とても爽やかかつ健康的なジェントルマンでした。インタビューの模様は後日配信するので、お見逃しなく!
なお、熊本さんは今後、日本一のミスターキャンパスを決める「Mr. of Mr.」に出場予定とのことです。
応援しましょう!

Miss YNU Contest 2018

結果は以下の通りです。

グランプリに輝いた山根さんは、横国OGでチャンネル登録者数90万人(執筆時)を誇る人気YouTuber・ゆきりぬさんの動画に出演されていました。

山根さんへのインタビュー記事も近日中に公開予定なので、お見逃しなく!

アイドルとバンドのコラボ!「IdoRock Fes」

例年、アイドルグループがライブパフォーマンスを行ってきた常盤祭ですが、今年は新しい試みとして、イケメン5人組のパフォーマンスグループ「IVVY」と4人組のロックンロールバンド「The Mash」が共演しました。
最後にはバルーンリリースも行われ、常盤祭のフィナーレを飾りました。

横国の空高く 打上花火

2日目の夜、生協の裏から花火が打ち上げられました。
メインストリートだと近日中が茂りすぎて見れなかったでしょうか?
横ナビ取材班は南門へと延びる裏通りにて、花火を鑑賞しました。

学生の発表の場

メインストリートでのダンスや、教室でのライブや研究発表など、至る所で学生による発表が行われました。

教授バンドのライブ!

そして、学生のみならず先生方の披露の場でもありました。
経営学部の森田先生、髙橋先生、田名部先生らによるバンド演奏が野外音楽堂で行われました。

メインストリートに立ち並ぶ模擬店

横国の学部棟群を貫くメインストリートですが、常盤祭期間中は150ほどの模擬店やブースが立ち並びました。
サークルが出店するおいしいお店の数々。中には着ぐるみやコスプレで必死にお客さんを呼ぶ団体もありました。

来場者の投票による屋台コンテストも行われていました。

学生以外にも地元・常盤台の町内会や、Amazon、TikTokといった企業の出展もありました。

しんどくない程度に盛り上がる学園祭こそ魅力

常盤祭の雰囲気をお伝えしてきましたが、伝わりましたでしょうか?
正直、横国の学園祭はそこまで大規模でないと思います。同時期に行われていた都心にある大学の学園祭にも行ってみましたが、お客さんの数やゲストの有名人の数とレベルが同じ「学園祭」とは思えないレベルでした。
もちろん大規模な方が盛り上がる、という考えの方も多いでしょうが、これは学生数や予算、立地に起因するものなので、仕方がないと思います。
しかし、逆に言えば、混みすぎていないことこそが、ある意味横国の学園祭の魅力かな、とも思いました。実際、私は他大の学園祭に行ったものの、あまりの人の多さに疲れ、十分に楽しめた気はしませんでした。
もちろん、学園祭が盛り上がるに越したことはないですが、地域のお祭りとしての側面も維持していくことが「常盤祭」の使命なのかなとも思いました。

(てぃー)

横国LIFEカテゴリの最新記事