ミス横国グランプリインタビュー2017

2018.03.09

横国の秋の大学祭「常盤祭」で行われたMs. YNU Contest 2017でグランプリを受賞された佐々木ゆめさんにインタビューをさせていただきました。ミスコンのことからプライベートまでいろいろお聞きしました!

佐々木ゆめ

教育人間科学部人間文化課程2年

福岡県出身

 

―ミスコンに出場したきっかけを教えてください。

去年のミスコンに同じサークルの先輩が出ていたんです。ツイッターで見た活動や、ステージを見て、「楽しそう」「大きいステージに立ってみたい」と1年前から思っていました。こんな軽い気持ちで出場しました。

 

—ミスコンで一番楽しかった思い出は?

4か月間ずっと楽しかったですね(笑)。他の4人の出場者がみんなおもしろい人たちで、一番は決められないです。テレビ局で行ったイベントでは、東京の私大など他の大学の出場者がいて、横国の私は彼女たちに圧倒されてまるでファンのように見ていました。そんな彼女たちと交流ができてすごく嬉しかったです。

 

—逆に大変だったことはありますか?

毎日が忙しくなったのが大変でした。私は中高帰宅部で、インドア派だったので、毎日起きて出かけるというのがきつかった…。土日はどちらか1日は予定がない日が欲しかったのですが、ミスコンの活動中はなかなかアルバイトを入れる時間がなかったので、ミスコンの予定がない日にアルバイトをしないといけなかったんです。この毎日何かをしているという状況に苦労しました。ミスらしくないんですが…(笑)

 

—ミスコンに出る前と出たあとで変わったことはありますか?

小さいことなのですが、バイトの連勤を入れられるようになりました(笑)。今までは、家にいたかったので、学校が終わってバイトをするのを2日連続で入れたくなかったのですが、今は頑張れるようになりました。どんなに大変なことでも、ミスコンの時期が大変だったので、それと比べたらいけるなという思考に変わりました。忙しいことを楽しいと思えるようになったのも大きかったです。

 

—趣味はありますか?

アイドルが好きで、よくテレビで見ています。一人カラオケにもよく行って、AKB48やモーニング娘。などの好きなアイドルの歌を数時間連続で踊りながら歌い続けています。一番好きなグループは、自分が福岡出身ということもあり、HKT48ですね。

 

—美の秘訣は何ですか?

夜遅くにものを食べないようにしていました。夕食も6時や7時頃には食べていました。これもきつかったですね。食べるのが好きなので、量を減らすことは考えていませんでした。他には、お風呂上がりにストレッチをしたり、美容院に2か月に1回行っていたのを1か月に1回行くようにしていました。

—佐々木さんの所属学科である人間文化課程(人文)って何をやっているのですか?

何でもありなところです。スタジオというゼミみたいなものに1年の秋学期から入り、海外に行きたい人、芸術が好きな人、社会情勢について掘り下げたい人のように色々分かれます。なので、自分のやりたいことをやりたいようにできる学科なのかなと思っています。私は知識社会学スタジオに入っているのですが、ここでは各学期に「笑い」といった大まかなテーマを決めて、関連することを深く調べたり、互いに自由に議論したりしています。

 

—将来の夢はありますか?

メディアに関わる仕事をしたいなと思っています。アナウンサーや裏方の仕事かはまだ決めていないのですが、毎日変化がある仕事に就きたいと考えています。

 

—今いちばん楽しいことは?

私は基本落ち込まない性格なので、毎日楽しいです(笑)。毎日小さなことを楽しみにしていて、今日は、今夜(取材日)放送されるFNS歌謡祭です。お昼ご飯は毎日楽しみにしています。

 

—横国の魅力とは?

ちょうどいい(笑)。地元が福岡で、都会に行きたいけど東京だとハードルが高いので、横浜はちょうどいいと思って私は横国に来ました。

 

—来年ミスコンへ出場しようと思っている人へ一言お願いします!

少しでも興味があればノリでエントリーしてみることをおススメします!大変なことも多いけれど、出ることに後悔する人はいないし、やめたいと思うこともなかったです。毎日楽しいし、ミスコンでしかできないこともあるので、少しでも興味があればぜひエントリーしてみてほしいと思います。もし来年出ると決めている人がいれば、会えるのを楽しみにしています!

 

—ありがとうございました!

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは?
分野・目的
アーカイブ