通学naviGATE ー和田町駅編ー

2018.02.24

こんにちは!今回の通学naviGATEは、横国への通学方法としては三ッ沢上町駅とならんでもっともメジャーといってもいいかもしれない、相鉄・和田町駅を使っての通学方法についてご紹介します!

 

相鉄の電車には、各駅停車・快速・急行・特急の4つの種別がありますが、和田町駅には各駅停車しか停まらないので、注意してください。

1.和田町駅に到着したら、改札を出て左の北口へ向かう階段を下りていきます。

 

2.階段を下りると通りがあるので、左へ曲がります

 

3.通りをまっすぐ進んでいくと、信号のある交差点に出ます。この交差点を渡って右の方向に行きます

 

4.横浜銀行の建物の角を左折します。かなり細い道なので、見落とさないように気を付けてください。

 

5.まっすぐ進んでいくと、下の写真のような階段の入り口が見えてきます。ここからが、横国生の間で「和田坂」とよばれている過酷な上り坂(階段)の始まりです。

 

6.坂を上っていくと、押しボタン式の信号がある交差点に出ます。ここからは、2つの行き方があるので、AルートBルートに分けて紹介します。

Aルートは、「疲れてもいいから早く着きたい!」「車の汚い排気ガスを吸いたくない!」という人向けのルート、Bルートは「これ以上坂は上りたくない・疲れたくない!」という人向けのルートです。

 

Aルート(過酷だけど早く着くコース)

A-7.上の写真のように、横断歩道を渡ったら、さらに階段を上っていきます

 

A-8.階段を上っていき下の写真のような場所についたら、階段は終わりです。お疲れさまでした!写真のように交差点を右折します

 

A-9.あとは、ひたすらまっすぐ進むだけ。南通用門に到着です!

 

Bルート(少し時間はかかるけど疲れにくいコース)

B-7.先ほどの押しボタン式信号がある横断歩道を渡ったら、右に曲がります

 

B-8.道路をひたすらまっすぐ進んでいきます。交通量が多く、暗い時間帯に歩くと「この道で大丈夫か?」と思うかもしれませんが、大丈夫です!

 

B-9.ガストのある交差点が見えてきます。ここを左折します

 

B-10.まっすぐ進んでいくと、交差点があるので右折します

 

B-11.南通用門に到着です!

 

実際に歩いてみると、AルートBルートの所要時間は、数分しか違いませんでした。

Aルートは早く着きますが、上る坂の距離が長いためものすごく疲れます。一方、Bルートはトラックも多く通る道路を歩くため空気が悪いのが気になります。

 

このようなデメリットがある和田町駅からの通学ですが、メリットはなんといっても安いということです!横浜駅から通う場合は、バスや三ッ沢上町駅を使う場合に比べ、片道50円ほど安くすみます。1ヶ月定期券は、三ッ沢上町駅を使う場合に比べ2870円、バス(市営バス)を使う場合に比べなんと5680円も安くなります(2017年現在)。大学生の強い味方です!

 

和田町駅から大学への所要時間は20分ほどですが、はじめてこのルートを使う人は、疲れることも考慮に入れて、時間に余裕をもって行動するのがおすすめです。

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは?
分野・目的
アーカイブ