横国春と秋の名物!履修抽選のススメ

2017.04.01

こんにちは!

4月になり、横国に入学する皆さんは、生協や各サークルのイベントに参加したり、入学式の準備をしたりと忙しくしているかと思います。さて、今回は入学式後すぐに始まる、横国の授業についての話題です。

IMG_2393

 

授業の履修のしかたは、新入生オリエンテーションのときに配られる履修手引に書かれていますが、初めて大学の授業を受ける人は、それを見てもどうすればいいのかよくわからないかもしれません。そこでお世話になるのが、4月中メインストリートにずらっと並ぶ「履修テント」です。そこでは、各サークルの先輩が履修についてのアドバイスをしてくれるほか、新歓の情報も提供してくれます。履修に関してわからないことがあったら、ここで相談するのも選択肢の一つです!

 

履修抽選とは??

 

さて、本題に入りますが履修テント」での履修のアドバイスでよくあるのが、「この授業、単位が取りやすいよ、おもしろいよ!だから受けてみてね」というものです。多くの授業がありますが、単位が取りやすい授業、おもしろい授業には人気が殺到します。

 

しかし!受けたい授業をすべて受けることができるというわけではありません。教養教育科目(通称:般教/ぱんきょう)は、一部を除いて全学部の学生が履修できるため、履修を希望する学生の数が教室の定員を上回ってしまうことがよくあります。そのような場合は、履修できる学生を抽選で決めることになります。これが「履修抽選」です。

 

履修抽選への参加方法は簡単です。まず、受けたい授業が行われる教室に行きます。そして、抽選が行われる場合は、抽選用紙が配られるので、それに氏名や学籍番号などを記入し、あとは教員の指示に従ってその用紙を提出するだけです。結果は、各学部の掲示板で発表されます。

 

「なーんだ。それだけか」と思うかもしれませんが、この履修抽選の結果発表のときは、学生が掲示板の周りに集まって喜んだり落ち込んだりと、まるで入試の合格発表のような雰囲気になることもあります。人気の授業の場合、倍率が5倍にも達し入試の倍率よりも高くなることもあるんです。結果発表の時期は、掲示板をこまめに確認するようにしましょう!

 

なお、履修抽選が行われるかどうかは、上に書いた通り、当日教室に集まった学生の数によって決まります。そのため、どの授業が履修抽選の対象となる授業なのかは、抽選の当日まで分かりませんが、前年度に履修抽選が行われた授業の一覧が各学部の掲示板に載っているので、参考にしてください。前年度に抽選が行われた授業は、高い確率でその年も抽選が行われます!

経営-108

 

履修抽選のススメ

 

そんな履修抽選ですが、いくつか注意点があります。履修抽選は、たいていの場合、初回の授業で行われます。そのため、受けたいと思っている授業の初回には、必ず出席するようにしましょう!授業によっては、時間を区切り、その時間までに入室できなかった学生の履修抽選への参加を認めないという措置を取っている場合もあるので、早めに入室するのがおすすめです。もし、出席せず履修抽選に参加できなかった場合、その授業を履修することはできません。また、同じ時間帯に開講されている授業の抽選に重複して参加することはできないので、前もってどの授業の抽選に参加するのか決めておくようにしましょう。

 

新入生のみなさんは、どの授業でどのような内容が行われるのかよくわからないと思います。そこで、おすすめの履修抽選攻略法は、「とにかくたくさん応募しまくる」ということです。上にも述べた通り、履修抽選に参加しなかった場合、その授業を履修することは一切できません。履修抽選が終わってしまった後に、「あの授業受けたい!」と思っても、履修抽選に参加していなければもう遅いのです。

一緒に受ける知り合いが見つからず、一人では心細いと思う人もいるかもしれませんが、たいていの授業の場合、教室内を見渡せば、知り合いがいます。履修抽選が行われる授業は、人気の授業であり、人気であるのにはそれなりの理由があります。1年生の定員が少ない授業もあるので、たくさん応募しておいて損はありません!

 

おすすめの教養教育科目(般教)についてまとめた過去の記事もあるので、ぜひこちらもご覧ください!

 

サークル選びに加えて授業選びでも後悔のないチョイスをして、楽しい大学生活をスタートさせましょう!!

 

※なお、語学の授業の履修抽選は、ここに書いたものとは手順がまったく異なるので、詳しくは各学部の掲示板を確認してください。

また、履修抽選の方法が変更になっている可能性もあるので、各学部の掲示板や授業などで情報を確かめるようにしてください。

 

(ライター:みずりん)

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ