二次試験直前対策!~経営学部の後期試験~

2016.03.03

20070827DSC_0071

画像はイメージです。

受験生の皆さん、まだまだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。経営学部ライターのなつみです。

いよいよ国公立大学の後期入試が迫り来ていますね。充分な時間がない中での後期試験対策に苦労している受験生も多いのではないでしょうか。そこで今回は、実際に経営学部の後期入試で合格した現役横国生たちの後期入試対策を紹介します!

・経営学部の後期入試、前期となにが違う?

横国経営学部の前期入試では2次試験が課されません。しかし、後期入試には2次試験があり、3月12日(土)に実施されます。経営学部は英語と数学の2科目の試験が課されます。センター試験との得点比率は1:1です。詳しくは横国の平成28年入学者選抜要項をご確認くださいね。

 

・過去問演習が合格の要

今まで勉強してきた皆さんは、基礎的な力は自然とついているはずです。なので、その学力を横国の入試形式に適応させされるかが勝負の鍵ですよね。まずは横国の傾向や問題形式の把握が大切になります。一番手っ取り早いのは、やはり過去問を解くことです。英語ではどんな形式の問題が出題されているのか、数学はどの分野が出題されているのか、自分で分析してみることをオススメします。過去問演習では、むやみに多くの年の過去問を解こうとするよりも、過去問演習の質を重視してください。何年か分の過去問を解くだけで合格している先輩がたくさんいますよ。

 

・今までやってきた問題集をもう一度解いていく

上で紹介した過去問演習の他にも、余裕がある場合は、今まで使ってきた問題集や受け終わった模試の問題を解き直してみましょう。英語対策は長文読解の問題集を、数学対策では青チャートなど普段使っていた問題集をもう一度解いてみると良いです。更には、今までに英作文・自由英作文対策をしていなかった受験生は、そちらの演習と、可能であれば先生からの添削を受けることも忘れずに!

 

・更に余裕のある人は……

旧帝大や早稲田大学・慶応義塾大学の過去問を解くことで横国の後期入試対策をしていたという人もいました。例えば英語の問題は、多くの場合が横国よりも上記の大学の問題のほうが、長文問題が難しく、文章量も多い傾向にあります。今から難易度の高い問題を解いておくことで、本番で焦ることのないようにしておきたいですね。

前期入試が終わったばかりということで、後期入試対策への切り替えが大変だとは思いますが、きっと春はもうすぐそこまで来ていますよ。あと一歩、最後まで自分の力を振り絞って頑張ってくださいね!

(ライター:なつみ)

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ