二次試験対策~理工学部前期試験~

2016.02.23

こんにちは、くりぼーです。

受験生のみなさん、とうとう2次試験の日が迫ってきました。

前期試験の配点はセンター試験900点、2次試験1200点の合計2100点となっています。2次試験の配点のほうが高いのでセンター試験が悪くてもまだまだ逆転の可能性が十分にあります。現に昨年の入試結果を見てみると、合格最低点が1400点前後なのでセンター試験が6割程度しか取れなくても2次試験で8割取れば合格できます。絶対に最後まであきらめてはいけません。

センター試験がうまくいった人もダメだった人も2次試験に向けてどういうことをしたらいいかちゃんとわかっている人は多くないはずです。

なので、実際に私が行った対策をもとに理工学部前期試験についての科目別対策を紹介していきたいと思います!

 

・科目別対策

英語

理工学部前期試験における英語の試験は2013年から始まりました。出題形式は長文読解問題2問、空欄補充問題1問、自由英作文1問となっています。長文読解のほとんどが”下線部を日本語で説明せよ”という問題です。解くコツとしては、まず下線部を訳してからそれを元に、代名詞があればそれが指すものを文中から探しましょう。そして、”research” ”issue”などの単語があればそれの具体例や説明する文を見つけて、まとめていくといいでしょう。空欄補充問題については選択肢にある英単語がどれも基本的な単語なので、文章をしっかりと読めていれば解くことは難しくはないでしょう。自由英作文は、「メールの返信を75~100語で書く」という問題が続けて出題されています。英作文を自分なりに書くことができたら解答を見て自分なりに添削するのではなく、必ず学校や塾の先生に添削をしてもらいましょうそして英単語、文法などの基礎をしっかりと固めてから過去問に取り組みましょう。過去問は3年分しかないため、解き終わったら出題形式の近い大学(東京工業大学、千葉大学など)の過去問も解くとよいでしょう。

 

 

数学

数学の試験問題は例年大問5題となっており年によって出る分野や難易度は様々ですが、必ずと言っていいほど大問1で積分に関する問題が出題されます。なので、ここで点数を落とすことのないように積分問題の対策は重点的に行いましょう。また、ベクトルや数列の問題もよく出題されているので対策必須です。問題自体は基本的なものがほとんどです。「青チャート」レベルの問題集をきちんとこなしていれば合格点は余裕で取れるでしょう。しかし、計算量がとにかく多いので正確な計算力が重要となってきます。計算力は一日ではどうにもならないので普段からしっかりと練習をしておきましょう。数学は450点満点と配点が非常に高いため得意な人はここで一気に差をつけ、苦手な人は周りに差をつけられないようにしましょう!

 

 

物理

物理の試験において注意すべきことは、解答用紙には答えの欄しかないということです。なので、計算をミスなく行うことが重要となってきます。例年、大問は3問で力学、電磁気学の問題は必ずと言っていいほど出題されています。難易度は基本的な問題がほとんどですが、試験時間が化学と合わせて150分しかないため時間配分がとても重要となります。過去問を実際に解いて自分はどのような時間配分にすればいいか予め決めておくことをお勧めします。試験時間の短さ故に分からない問題は後回しにすることも大切です。対策として、「物理のエッセンス」や「名門の森」などの問題集を解き頻出問題を確実に解けるようにしておきましょう。

 

 

化学

化学の試験問題は知識問題が大部分を占めます。難易度は標準的な問題がほとんどなので、理論、無機、有機の暗記すべきところを学校などで配られた問題集を使い完璧にすることが高得点への近道となります。先ほども書きましたが、試験時間が物理、化学で150分なので、できるだけ化学にかける時間は短くして物理の解けなかった問題や見直しの時間に充てるといいでしょう。

 

 

・最後に

いくら過去問をやって出題傾向をつかんだとしても、試験当日問題を見るまではどうなるかはわかりません。自分が受けた年から傾向がガラッと変わる可能性は十分にあり得ます。

私も実際にこれを横国の前期試験で経験しました。私の場合は傾向というより難易度だったのですが、物理の問題が本番では満点を狙うつもりだったのに難易度が上がりすぎて実際には1~2割程度しかとれなくて滅茶苦茶焦ったことがありました。出題傾向や難易度が変わったときは、「焦ってしまうのは受験生みんな同じだからしょうがない」ということを自分に言い聞かせて、上手く気持ちを落ち着かせましょう。

 

それではみなさん横国に入学できるよう頑張ってください!健闘を祈っています!!

 

(ライター:くりぼー)

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ