【受験生からの質問】教育人間科学部人間文化課程~受験編~

2016.01.18

横国にも雪が積もる季節となりました。受験生の皆さんは、センター試験から二次試験に切り替えつつ、体調管理に一層気を使ってくださいね。

 さて、受験生の皆さん。横ナビのトップページの右上の「受験生お悩み相談室」の存在をご存知でしょうか。ここでは、横ナビのメンバーに受験勉強や大学生活について直接質問することができます。今回は横ナビに寄せられた教育人間科学部人間文化課程(通称:人文)の入試についての質問とその回答を紹介します。前期試験の総合問題、後期試験の面接ともに、「謎」と言われる入試の対策の手助けになれば幸いです。

a1380_000098

 

―今高校3年生の理系です。人間文化課程の総合問題は理系の僕でも解けるような問題なのでしょうか?

 

総合問題と言っても、教科で分類するなら英語と国語です。この2科目が得意なら理系文系関係なく解けますし、苦手なら難しいと感じるのではないでしょうか。なので、評論と英語を勉強すると合格する可能性が上がると思います。

社会科の知識が必要とされる問題もありますが、そこは問題文から読み取ったり、事前に勉強したりすることでカバー可能な範囲です。 結構長めの文章を書かせられるので、その対策をしておくと良いかもしれません。総合問題では過去のどの年度にも記述式の問題がでているので、「長めの文章で答えること」が苦手だと少々きついかもしれません。 対策としては、総合問題の過去問を解き、それを先生(国語や社会、美術教科の先生など)に添削してもらう、というのを繰り返すのが良いと思います。これからの勉強次第で充分解けるようになる問題だと思いますよ。

人文の総合問題は言葉で説明するのは難しいので、一度過去問を見てみることをオススメします! 百聞一見にしかず、ですよ!

 

 

―総合問題の対策がさっぱり分かりません。先生に添削してもらったという意見が多いのですが、私の学校の先生は添削をしてくれませんし、塾にも通っていません。 そんな場合はどうすればよいのでしょうか?

 

学校の先生は添削をしてくれないということですが、どのような理由からでしょうか? きちんとお願いすれば、よほどその先生との関係が悪いものでない限り、添削してもらえるはずです。 お願いした先生がダメなのであれば、他の先生にお願いしてみてはいかがでしょうか。国語の先生か社会の先生にお願いできれば良いですが、「文章を書くこと」に対して熱心な先生もしくは幅広い知識を持った先生でも良いかと思います。

同じ学年の先生でなくとも、教えてもらいたいと思った先生にはお願いしてみましょう。 添削をしてもらえない理由が分からないのでなんとも言えませんが、もしかしたらお願いの仕方、もしくは今までの先生への態度に問題があった可能性もあります先生方も指導の際には自分のためだけに時間を割いてくれていますし、真剣に受験のことを考えてくれているはずです。お願いをするときには、指導を当然のことと思わず、「教えていただく」という姿勢を持つと良いかもしれません。

また、進路指導担当の先生に相談してみて、進路の先生から他の先生へお願いしてもらってもいいかもしれません。

 

 

―人文の後期試験の面接について聞きたいと思い質問しました。 面接のときの所作法や服装が気になっています。また、他にも注意点があれば教えてください。面接の内容も気になっています。

 

私は浪人生だったのでパンツスーツと就活に近い服装で行ったのですが、中にはアフロで赤いパーカーにジーンズ、森ガールのようなロングワンピースにコートとリュック、なんて人もいました。服装に関しては、合否とは関係ないのではないでしょうか。ちなみに他の受験生は制服、私服、スーツで髪型も様々でした。

面接では、まず後期入試に来た人だけを受験番号順に6人ずつに区切ります。受験番号が遅いと12時近くまで待たされます。(ちなみに受験番号は出願順です!) 6人1グループとして同時に個々の部屋で6グループが面接を30分間行います。 面接官3人に対して受験生は6人です。 6人に受験番号順に1~6番の番号が振られた席に順に座ります。

そして、面接官からどのように面接を進めるか伝えられます。 「今から面接を始めます。もし、お互いに質問があれば気にせず手をあげて、『○番さんに質問です。どうして…』のように質問してください。」 と受験生同士の攻撃の仕合いも求められました。

 最初のドアから入ってくるところは審査に入っているようには感じませんでした。 重要なのはどのような発言をしたか、質問に明確に答えられているか、どのようなパフォーマンスをしたか、あとはどの面接官に当たるかという運です(笑)

面接で聞かれた内容は、志望理由「将来の職業と好きなことはつながるかどうか」ということでした。

それに対する他の人の答えは、

・(制服/合格):前期も受験した。到底受かるようなセンター試験の点数ではなかったがどうしても入りたいと思っている。自分はクリスチャンだからキリスト教を布教することが使命である。

・(制服/不合格):前期も受けた。サブカルがすきだから世界に広めたい。

・(制服/合格):前期も受けた。美術が好き。大好きなアートあきらめきれない。作品を作ることだけでなく分析もしたい。

・(制服/不合格):前期も受けた。マスコミに興味がある。新聞記者やジャーナリストになりたい。メディアを通して日本文化を広めたい

・(スーツ/合格/わたし):犯罪者など世の中に疎外されている人について考えたい。学校教育課程の授業も単位になるので心理学の授業も取りたい。教育学、社会学など多面的な視点を持ちたい。 シラバスも見た。○○という授業に興味を持った。

・(私服/合格):前期も受けた。ずっとやってきた創作ダンスを中心として身体表現のことについて考えたい。

でした。また、他の受験者への質問をしたのは1人だけでした。

・なぜキリスト教の大学に行かなかったのか

・明治大学の日本文化学部のような学部を知っているか、またなぜそこではなくここの学部を選んだのか。

という質問をしていましたね。

また、「学校の教員になりたい」と言うと「なぜ学教ではなく人文に出願したのか?」と言われかねません。人文では社会科の教員免許を取得することができますが、推奨されているとは言えません。(学教は「正しい」ことをどう教えるかということを学びますが、人文はそもそも「正しい」と思われていることを考え直すことを学ぶので、大きなギャップがあるのです。)人文で学んだことを、どう学校現場で生かしたいのかをきちんと伝えましょう。

 

a0960_006236

いかがでしたでしょうか。人間文化課程の総合問題対策や面接対策の記事は、過去にも横ナビで掲載しているので、そちらも参考にしてみてください。

残り少ないチャンスの中、人文を目指す受験生の皆さんを応援しています。

 

(まとめ:ちひろ)

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ