12月からのセンター対策~物理~

2015.12.16

こんにちは、くりぼーです。

12月に入り、多くの受験生がセンター試験の過去問を解き始めていると思います。私が初めてセンター試験の問題を解いたとき、大体60点しか取れませんでした。物理に関しては得意な方だったので、問題が全然解けずショックでした。なので、それから勉強を重ね試験本番では95点を取ることができました。ですから、まだ点数が思うように取れない人もあきらめずに頑張りましょう!!

では、以下に私が行った対策方法を紹介したいと思います。王道なやり方かもしれませんが、センター高得点への一番の近道だと思うのでぜひ読んでください!

a1130_000036

 

・とにかく基本を完璧にする!

センター物理では難しい問題は出題されず、1つの公式を使えば解けるような基本的な問題がほとんどです。なので、基本がいかに身に付いているかが重要となってきます。センター試験レベルの問題集を一冊だけでいいので完璧にしましょう。ただし、表面的な理解だけで終わらせずに物理現象や法則をしっかりと理解した上で問題を解けるようにした方がいいです。なぜかというと、表面的な理解だけでは同じような問題しか解くことができないからです。試験で今まで解いたことのない問題が出たとき、問題の内容は一緒なのに問われ方が違うためどのように解いていいか分からなくなってしまいます。物理現象や法則の意味の理解、そして公式の導出方法といった基本がしっかりと身に付いていれば、このような問題でもセンター試験レベルなら解くことができます。なので、「基本」をしっかり理解しながら完璧に身につけることが本当に重要です。

 

 ・過去問を解く!

当たり前の事ですが、過去問を解きましょう。過去問を解いて、間違いが多かった分野があればもう一度基本からやり直したり、本番を想定して自分なりの時間配分を考えましょう。センター物理の過去問は何年分も解くと分かりますが、問題のパターンが似ています。

一見違う問題に見えても、問われている内容が同じである事が多いです。そのため、何年分も解くことによりセンター試験の問題に慣れることは大切なことです。

もちろん過去問は解いた分だけ復習をしましょう。自信を持って正解できた問題以外は解説を読み定期的に解きなおすといいでしょう。その際、この問題は○○の分野の○○を問われているということを認識しながらすることで復習の効果が高まります。

 

 

センター物理には「物理」と「物理基礎」の2科目ありますが、基本的に対策方法は同じです。以上の2つの事を中心に対策を行えば、センター物理はきっと点数が取れるはずです。

受験生みなさんの幸運を祈っています!

 

(ライター:くりぼー)

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ