12月からのセンター対策~倫理・政経~

2015.12.13

こんにちは、ライターのまおうです。

横ナビ読者の受験生の皆さん、受験勉強は順調ですか?たくさん勉強しているのに点数が伸びない…とお悩みの受験生も多いのではないでしょうか?私も受験生時代はその中の一人でした。大学生となった今、悩める受験生の皆さんを微力ながら応援したい!と思い、対策記事を書きます。

 

今回ご紹介するのは「倫理・政経」。「倫理」と「政治経済」が統合されたこの科目は、暗記量も多く、受験生にとっては負担がかかる科目ですよね。しかし、難関国公立大学などでは、「倫理・政経」をセンター試験での必須科目としている大学もあるので、なんとかセンター試験で高得点を狙っていきたい科目でもあります。今回は、私のオススメの参考書の紹介を中心に、センター「倫理・政経」必勝法を伝授していきたいと思います。

横ナビは去年も倫理・政経の対策記事(http://ynunavi.com/?p=12404)をアップしているので、ぜひそちらも参考にしてみてくださいね!

 

1.「倫理・政経」受験者必須の一冊!

61vP8IKfZ0L__SX356_BO1,204,203,200_

中経出版:「センター試験 倫理、政治・経済の点数が面白いほどとれる本」

この参考書には、「倫理・政経」の要点がばっちりまとまっています。通学中や休憩時間などで赤シートを活用して覚えるのがオススメです。最初はなかなか覚えられないかと思いますが、諦めずに何度も繰り返しやれば、どんどん覚えられるようになります!

(ちなみに、私は高3の夏休み前からセンター直前までひたすら参考書に取り組んでいました!)

 

2.さあ、腕試し!挑戦の一冊!

513p9XERzDL__SX351_BO1,204,203,200_

駿台文庫:「短期攻略 センター倫理,政治・経済」

先ほど挙げた参考書①である程度手ごたえが出てきたら、この参考書で腕試しをしてみましょう!実践的な問題が多く載っているので、自分が本当に正確に暗記できているかを確かめることが出来ます。自分の弱点を発見することもできますし、また、問題をすらすらと解けたときは大きな自信に繋がります。(この参考書の難易度は、実際のセンター試験と同じ~少し難しいくらいです!)

 

参考書②で解けなかったページには印をつける→参考書①に戻り、解けなかった箇所をもう一度覚えなおす→参考書②でまた腕試し→まだ穴があった場合は参考書①に戻る…というサイクルで何度も何度も繰り返し取り組むと、知識が定着しますよ!

 

3.解きっぱなしじゃもったいない!魔法の一冊「模試の問題」

bsOOK82_gurafuwoyubisasu20131223

ここまでオススメの参考書をご紹介してきました。                       教科書が基礎的な内容中心なのに対し、参考書は応用的な内容も多く盛り込まれています。私は、参考書に取り組んだおかげで点数がアップした教科がたくさんあるので(日本史や倫理政経など、暗記系の科目が顕著でした!)参考書をオススメしているのですが、勉強法も人それぞれですよね。また、時間がない受験生にとって、参考書を書店まで買いに行くのは負担がかかるというマイナス面もあります。そんな受験生に参考書のほかにオススメしたいのは、予備校が実施している模試の問題!高校生になってから、みなさんは学校や塾で模試をたくさん受けてきたと思います。みなさん、時間がないからといって模試の復習を怠ってはいませんか?模試(特に高3生向け)には、実際のセンター試験や大学の入学試験を想定した問題を盛り込まれているので、受験生にとっては最強の1冊なんです!これを活用しない手はありません。間違えた問題をノートにまとめて自分の弱点を見つけたりするのをオススメします。しばらく時間をおいてから、もう一度解きなおすのもいいですね!

 

4.倫理分野が弱い…そんなあなたに!

無題

学研教育出版:「ハンドブック 倫理の要点整理

倫理分野が自分の弱点だな…と感じたら、ぜひ手にとっていただきたいのがこの一冊。コンパクトなサイズで持ち歩きやすいので、かさばる心配もありません。図表が多く、ややこしい出来事や難しい思想を頭の中でイメージしながら学習を進めることが出来て、記憶にも定着しやすいのが嬉しいですね。

 

5.政経分野が弱い…そんなあなたに!

51VUNNp4DkL__SX344_BO1,204,203,200_

学研教育出版:「ハンドブック 政経の要点整理

先ほどご紹介した参考書③には、政経バージョンもあります。倫理バージョンと同様、持ち歩きやすく、図表が多いのがポイントです。

 

いかがでしたでしょうか。「倫理・政経」は負担が重く、点数の取りにくい教科のように見えますが、努力をすればした分だけ成果の出る教科でもあります。とにかく、「繰り返し取り組む」ことがなによりも大切です。諦めず、毎日コツコツ積み上げていきましょう!

 

(ライター:まおう)

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ