通学時間有効活用のススメ

2015.12.14

おはようございます、こんにちは、こんばんは!みほです。

秋学期が始まってから早いもので2カ月が経ちましたね。

もうすぐ年末ということで、中間テスト、クリスマス、忘年会と色々な行事が重なって「毎日時間が足りない…!」という人も多いことと思います。

しかしあなたの1日を振り返ってみてください。意外となにもせずに無駄にすごしてしまっている時間もあるのではないでしょうか。

このなにもしていない時間こそ、有効活用できる時間でもあるのです!

今回、その有効活用できる時間としてピックアップするのは「大学までの通学時間」です!

通学時間の長いみなさんに向けて、通学時間の有効活用法について考えてみました!

 

NKJ56_syanainoturikawa-thumb-1000xauto-15472

 

①勉強をする

授業の予習・復習や課題などを電車やバスの中でできる限り済ませてしまいましょう。

大学生になってから授業の復習をしなくなった…という人も多いかもしれませんが、その日の授業のノートをパラパラと見返すだけで授業の内容も頭に入りやすく、テスト前に焦ることも少なくなると思いますよ。

また、資格試験の勉強などをするのもいいかもしれません。

 

②1日の予定を立てる

学校に行くまでの時間を利用して、その日1日のタイムスケジュールを頭の中で組んでしまいましょう。1週間の予定をざっくりと考えるのもいいかもしれませんね。

「今日は授業が終わってから何をしよう…。」「明日は課題をこの時間に終わらせて、そのあとはゆっくりしようかな。」などと考えておくと、有意義な1日を過ごせるのではないでしょうか。

 

③ニュースを読む

テレビでは朝にニュース番組が放送されていますが、朝は時間がなくてテレビなど見ていられないという人も多いのではないでしょうか。

そんな人には、通学時間を利用してニュースを読むのをおすすめします。

スマホでサクっと手軽にニュースを読んだり、新聞をじっくりと読んだり。

また、山手線など車内のスクリーンにニュースが映る電車もあるので、そのような交通機関を利用している人はスクリーンにも注目してみてください。

「ニュースとか全く興味ないんだよね…。」という人もいますが、せめて現在の日本社会や世界の大まかな動向などは知っておきたいところですよね。

また、自分が学んでいる学問分野の最新ニュースなどもチェックしておくといいでしょう。

 

④読書をする

「学校が始まると読書をする時間があまりとれない…。」という声をよく聞きます。

たしかに授業が始まると、課題やレポートなどで毎日忙しくなってしまいますよね。

「それでも読書をしたい!」という人も多いはず。

そんなあなたは、通学時間を読書の時間と決めてしまいましょう。

薄い単行本なら持ち運びも便利ですよね。

「今まであまり本を読んでいなかったけど、読書をはじめたい!」という人には、最近話題になっている本や推理小説、ライトノベルなどがおすすめです。

ただし、本の内容に集中しすぎて乗り過ごさないように注意してくださいね!

 

⑤寝る

勉強にバイトに遊びに…と大忙しで睡眠時間があまりとれない人は、電車・バスの中で寝てしまいましょう。

ですが、ただひたすら寝てしまうだけだと起きたときに頭がぼーっとしてしまったり、逆に余計眠くなってしまったりすることがあるので、あらかじめ「15分だけ寝よう」と寝る時間を決めておいてiPodなどでアラームを設定し、イヤホンをして寝ると安心です。

また私も時々やってしまうのですが、寝過ごして先の駅まで行ってしまわないように気をつけてくださいね(笑)

 

通学時間を有効活用して、毎日をより充実させましょう!

 

(ライター:みほ)

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ