【常盤祭コラボ企画】横国学部紹介~理工学部の場合~

2015.10.31

常盤祭、まだまだ盛り上がっていますね!

さて今年は、横国naviGATEの書いた学部紹介を、横浜国立大学大学祭実行委員会の作成した常盤祭のパンフレットに載せていただきました。そのロングバージョンを横ナビのサイトで公開しています。

いよいよ最後の記事です。ラストは、数々の学科やEPに分かれ、「大変そう」と言われ続けている理工学部。彼らの素顔はいかに。

bsPAK85_kikaihandle20141028182041

 

理工学部

横国理工学部生から見た、理工学部の内部事情についていくつか紹介したいと思います!

bsPAK75_houkagonorikashitu20140102

●横国広すぎ!

理工講義棟から教育8号館への移動がとにかく大変。

休み時間が10分間あったとしても、毎回着くのがギリギリになってしまうくらい距離が長いので疲れます。

また、建物同士が繋がっておらず、雨が降っていても必ず外に出て移動しなければならないのでびしょびしょになることもあります。

しかし、キャンパスを歩いていると周りの木々に癒されたり、いままで知らなかった建物に巡り合ったりして横国に詳しくなれます。

 

●授業、レポートが大変…

専門科目の授業はレポートや小テストがほぼ毎週あるため、その対策に追われる日々が続きます。その上授業内容が難しく、理解するのに時間を要することが多くて大変です。

ですが、わからない所を同じ学科の人に聞いたり逆に教えたりと、皆で助け合うことがよくあるので絆が深まりますよ。

 

●理工系の建物が綺麗になっている!

理工学部の建物は綺麗なところもありますが、全ての建物が綺麗というわけではありません。理工講義棟で授業を受けた後、教育棟や経済棟などに行くとその綺麗さに驚くことがあります。しかし、つい最近理工学部系図書館が改修されたので、これから他の建物もきれいになっていくかもしれないと密かに期待をしております(笑)
理工学部は他の学部に比べて大変で辛いことも多いですが、自分が好きなこと・やりたいことをとことん学べるのでとても楽しいです!

 

 

いかがでしたでしょうか。今回の横浜国立大学大学祭実行委員会横国naviGATEのコラボでは、「横国生だからこそできる、それぞれの学部の紹介をしよう」ということを目指していました。オープンキャンパスやホームページ、パンフレットではわからない”生の声”を少しでも感じていただければ幸いです。

それぞれの学部で、学べることや雰囲気でわからないことがあれば、横ナビの受験生お悩み相談室で気軽に聞いてくださいね。

 

最後に、コラボ企画を提案し、協力してくださった横浜国立大学大学祭実行委員会の皆さん、ありがとうございました!

常盤祭横浜国立大学大学祭実行委員会について詳しく知りたい方はこちら⇒横浜国立大学大学祭公式サイト

 

 

(ライター:くりぼー/編集:ちひろ)

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ