お昼ご飯穴場スポット

2015.05.22

新学期が始まってから、一ヶ月半が経ちました。
新入生のみなさんも、そろそろ大学に慣れてきたのではないでしょうか。

大学に慣れてくると、定番のお昼ご飯スポットがわかってくるかと思いますが、席の確保に出遅れると「もう埋まってる…」なんてこともありますよね。
そんなときのために、はたまたいつもとはちょっと違う場所でお昼を食べたいときのために、今日は学内の穴場スポットをご紹介します!

真っ先にご紹介したいのが学生センター横のベンチです。
gkc
メインストリート(以下メンスト)に面しているため、利用する人が多いと思われがちですが、意外と空いています。
おそらく、近くに生協やローソンなどの昼食を購入できるお店がなく、移動屋台からも少し離れているからなのでしょう。学生センター1階でもご飯を食べられるから、というのも理由の一つかもしれませんね。
このベンチが設置されているのは屋外ですが、屋根の下にありますし、昼休みの時間帯はちょうど日陰になります。
床がウッドデッキになっていて、照り返しの熱もあまり感じないので、これからの季節にぴったりですね。

次にご紹介したいのは経営学部と経済学部のラウンジです。
rnd
「えっ、ラウンジ?全然穴場じゃないじゃん!」と思った方。違うんです、そこではないんです。
経営経済のラウンジ、というとメンストから見えるラウンジを想像する方が多いと思いますが、その奥の棟にもラウンジがあるんですよ。
経営棟と経済棟の間の通路を進むと、学務のある棟に到着します。その棟に入ってすぐのところに、ラウンジが存在しています。
経営・経済の学生以外が訪れることがほぼないからか、メンスト沿いにあるラウンジに比べて席が空いていることが多いですね。
経営のラウンジはグループで座れるテーブルが多く設置されていますが、経済のラウンジはゆったり座れるソファなどが設置されています。
ご飯を食べつつ勉強や話し合いをしたいときは経営ラウンジ、ゆったりした時間を過ごしたいときは経済ラウンジ、といったように使い分けてみるのもいいですね。
ちなみに、写真は経営棟のラウンジです。

少し奥まったところにあるのが、教育学部の第一研究棟です。
7ur
一般教養科目ではあまり使われることのない棟ですが、英語の授業で来たことがある方もいるはず。
そんな方はご存知かと思いますが、一階にラウンジのようなスペースがあります。
ウッド調でまとめられていて、ちょっとおしゃれな雰囲気も楽しめますね。
難点は、坂や階段を登らないといけないことでしょう。

意外に思われるかもしれないのが、経済学部講義棟2号館1階のベンチスペースです。
(諸事情により写真がありません…すみません!)
テーブルはないのですが、ベンチの座れる面の幅が広く、ベンチ自体も多く設置されているので、うまくベンチを活用すればそんなに不便さを感じずにご飯が食べられます。
お昼休みの始めと終わりの時間帯以外はそれほど人通りが多くないので、ゆったりと落ち着くこともできますね。
ほんの少しの難点は、薄暗いということ。
といっても何かをするのに支障があるほどではないのですが、薄暗い状況で字を読もうとすると目が疲れてしまいます。
課題やテストに負われていて、「課題もテストもやばい!少しでも時間がほしい!ご飯食べながらでも勉強しなきゃ!」なんて人は、避けた方が無難かもしれません。

みなさん、知らなかったスペースはありましたか?
お昼ご飯を食べるときだけでなく、勉強したり友達と喋ったりするときにも、ぜひ足を運んでみてくださいね。

今回は文系学部の講義棟周辺の紹介が多くなってしまいましたが、理工学部の講義棟周辺にも穴場スポットは存在するはず。
おすすめスポットがあるみなさん、ぜひ横ナビに教えてください!
(ライター:しもいえ)

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ