まだまだまだいける!ガラケー大学生

2015.03.01

こんにちは、みほです。

3月に入って少し暖かくなり、春の訪れを感じますね。

いきなりですが、これを読んでくださっているみなさんの大半はスマホを使っていると思います。

もちろん横国でも周りを見渡してみると、みんなが手にしているのはスマホ。

高校生のみなさんはすでにスマホを持っているかもしれませんが、私の同級生たちは大学に入学する際にガラケーから買いかえる人が大多数だったようです。

ですが、中には大学に入学してからも細々とガラケーを使っている大学生もいます。そう、私のように!(笑)

たしかにスマホはとても便利ですが、ガラケーにだっていいところはいっぱいあるんです。

ということで、今回は「まだまだまだ頑張れる!ガラケー大学生」をお送りします。

a0001_005747

 

ガラケーの魅力といえば、充電がなかなか切れないこと

スマホだとすぐに充電が切れてしまうので、充電器を持ちあるかなければいけませんよね。

また、ガラケーだとボタンがあるので、メールなどをするときに文字が打ちやすいのも利点です。

周りのスマホユーザーたちからもスマホよりもガラケーのほうが文字が打ちやすかったという声を聞きます。

そのため、中にはガラケーとスマホの2台持ちをしているなんて人も!これは無敵ですね(笑)

 

しかし、やはりガラケーだと不便だなと感じるときがたくさんあるのも事実です。ここからは私の体験記も混ぜてお話ししていこうと思います。

まずは、LINE、twitterなどのSNSサイトが使いにくいこと

機種によっては使えないという人もいるみたいです。

私の機種ではLINEを使うことはできるのですが、一定期間を過ぎると過去のトーク内容が消えてしまったり、アルバム・ノートなどが見られなかったり、さらには自分がメッセージを打っているときだと相手からメッセージが来ていても分からないため、タイムラグが発生してしまったり…など、はっきりいってかなり不便です。

また、ツムツムなどのLINEゲームもできません。

ですが、ゲームができなかったりtwitterが見られなかったりする分、時間を有効活用することができます

授業の空きコマの時間にtwitterのタイムラインを見たりツムツムをしたりとスマホをいじっていたら空き時間が終わってた…みたいなことにはならないともいえます。

これは結構良いところですよね。

それから、スマホに比べるとガラケーは画質が悪いので、撮った写真を見返してみるとかなりぼやけてる…ということもたくさんあります。

なので私は、写真を撮るときは友達のスマホで撮ってもらって、後で画像を送ってもらっていました。

友達には本当に手間をかけさせてしまい、申し訳ない思いでいっぱいです…。

また、ガラケーを使っている友達で、デジカメを常に持ち歩いている人もいました。

他には、最近ではネットのサイトを見るときにガラケー専用サイトが終了してきていることもしばしばあって、家に帰ってPCを開かないと見られない…なんてこともありましたね。

やっぱりガラケー、結構不便です(涙)

a0008_000724

しかも周りがスマホを使っている中、ガラケーをかばんから取り出して使うのは少々勇気が必要です。

ですがスマホユーザーが多い今、ガラケーを使うのはもはやステータスです。

ちなみに、私まだガラケー使っているんだよ!っていうネタにもなります(笑)

 

いかがでしたでしょうか。

スマホじゃないと厳しいかなと思ったこともありましたが、私はなんだかんだでガラケーのままで大学生活2年間やってきました。

ガラケーでも十分生きていけます!

 

ここまできたら大学生活中はガラケーを意地でも死守したい!と意気込んでいましたが、悲しいことに高校1年生のときから約6年間使い続けてきたMyガラケーは最近いきなりフリーズするなどと悲鳴をあげています。

なのでこの春、ガラケー卒業します。さよなら、ガラケー…。

 

関連記事はこちら→まだまだ頑張れるガラケー

 

(ライター:みほ)

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ