一発逆転!稼げるワンチャンバイト紹介!

2015.01.27

こんにちは。げんまです。

春休みの旅行計画、飲み会計画、その他遊びの予定を立てていて、ふと春休みを乗り切るにはお金が足りないことに気付く学生も多いこの時期。今回はコンビニや飲食店といった通常のバイトよりも多くのお金をゲットできる、まさにワンチャンなバイトを紹介したいと思います。

 

講師・家庭教師(ワンチャン度★★☆☆☆)

横国では、塾講師や家庭教師といった受験生の時に身に付けた受験スキルを活かしたバイトをしている学生が多くみられます。これらは時給が個別指導で1200円前後、集団指導で2200円程度と高めに設定されているものが多いです。しかし、授業の準備や事務作業など、同じ時給でも勤め先によってその負担にはかなり大きな幅があるようです。また、教室などの状況などにより週に多く勤務できる場合とそうでない場合があり、月給にも大きな差があるようです。月20万円以上稼ぐ学生もいれば、3万円くらいの月給の学生もいます。また、塾講師バイトのために大学の講義や睡眠時間を犠牲にする学生がいる一方で、中高生と喋っているだけでお金がもらえて楽勝と感じる人もいます。運要素が強く、まさにワンチャンに懸けるバイトと言ってよいでしょう。

ちなみ私は、過去持っている資格を生かして、PC教室の講師として社会人にPC操作の指導を行っていたことがありますが、時給1800円で負担も極めて少なく、かなりおいしい思いをさせてもらいました。

 

 

アウトソーソング(ワンチャン度★★★★★)

アウトソーシングとは、簡単に言うと企業の仕事の一部を委託という形で受け持つ仕事です。企業は仕事内容に大きな負担を感じたり、高度な専門性が要求されたりといった様々な理由で外部に委託しています。基本的には別の企業に委託することが多いのですが、最近では個人で契約できることも少なくないです。

仕事内容としては、指定されたイラストやロゴ、映像を作成するといったコンテンツ作成から、企業の基幹業務プログラムの作成といったかなり専門性を伴うものまで、様々な種類があります。自分に秀でたスキルがある学生や、理工学部生など特殊なスキルを身に付けている学生は、このようなバイトをすると内容によってはかなり高額な報酬を受け取ることができます。

私は、過去にIT企業の業務に必要なプログラムを作成し、100万円ほどの報酬をいただいたことがあります。ただ、寝られない日々が続きました。

 

治験(ワンチャン度★★★★★)

治験とは、開発段階の新薬の臨床試験に携わるバイトで、有償ボランティアとして扱われます。あくまでボランティア扱いなので、アルバイトの扶養手当の上限に含まれません。治験に必要なものはその臨床試験に必要な体です。また、20歳以上限定です。被験者の体に薬を投与し、その反応を見られるというのが仕事の内容です。基本は1泊以上施設に泊まって体の反応を観察されます。その間は、ゲームをするのも漫画を読むのも勉強をするのも自由だそうです。仕事のほとんどは薬を飲むだけですが、骨を折ってそれに対する薬を飲むといった過激なものもあるようです。薬自体は基本的に体に悪影響はありませんが、ごくたまに影響が出ることもあります。それを承知で行うので、報酬は高めになっています。1~2泊でおおむね5万、1か月程度の長期で70万程度が相場といった感じです。体への心配はないというチャレンジ精神あふれる若者はこのようなバイトがお勧めです。

ちなみに私の先輩に、治験だけで学費と生活費を全てまかなっている方がいらっしゃいます。

 

以上です。

少し変わったバイトに挑戦して、経済的に余裕のあるキャンパスライフを送ってみてはいかがでしょうか。

 

(ライター:げんま)

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ