間に合わせる!センター試験直前対策~地学基礎編~

2014.12.05

こんにちは。げんまです。

 

受験生はセンターまで時間が少なくなってきて、いよいよ入試直前といったところでしょうか。

今年からセンター入試が大きく変わり、国公立大入試では文系でも理科を二科目必要とする大学が多くなります。横国もその一つです。

そこで、今まで文系であれば生物(生物基礎)を選択する受験生が多かったものが、2科目目も選択しなければいけないことになり、苦戦していることと思います。

今回は、センター地学(地学基礎)についての対策を紹介します。

 

始めに言いますと、地学という科目は非常に負担が少なく、難易度も低い(過去5年の理科4科目の平均点ではワースト1位3回、ワースト2位1回)です。

私や私の周りで地学を選択した受験生のほとんどは0から独学で初めて1か月以内の対策期間で8割以上の高得点を獲得していました。中には年明けから始めた人も…。

地学を選択している受験生はもちろん、2つ目の理系科目がイマイチだという受験生も、今から集中して対策していけばセンター本番までに十分間に合います。

 

それでは対策です。

地学では、他科目のように様々な参考書を用意してそれぞれをやりこむ必要は全くありません。地学は暗記項目がほとんどを占める上、その暗記量は化学の1/5以下とも噂されるほど少ないです。

必要なことは、センター地学の対策に特化している解説書(教科書兼簡易問題集として使えるもの)を1冊読みつつ、センター地学に特化した問題集を1冊解くこと。そして過去問、予想問題を解く。これだけで良いでしょう。

ここで、地学の教科書を使う必要はあまりありません。地学は多くの高校で授業が開講されておらず、センター地学の解説書も他科目と違って完全に初学者向けになっているからです。

解説書についてはこれまで地学選択者の間では定番として「センター試験 地学基礎の点数が面白いほどとれる本」http://urx.nu/dTip)や「安藤センター地学I講義の実況中継」http://urx.nu/dTjF)、「きめる!センター地学基礎」(http://urx.nu/dTlH)が使われていました。私は最初のものを使っていました。地学基礎になってからもこれらのものは定番であると思うので、お勧めです。

また、今まではセンター地学は選択者が他科目に比べて圧倒的に少なく、参考書も限られていましたが、今年度から理科の選択科目数が増えたため、地学選択者も増えることが予想され、参考書も今までより充実しています。解説書についてもいろいろと比較してみると良いと思います。

問題集については、一問一答形式のものが良いでしょう。私は、「一問一答 まる覚え地学I」というものを使っていましたが、地学基礎になってからこの参考書が改定されていません。

そういうことですので、「センター地学基礎―短期攻略」http://urx.nu/dTk8)のような要点を絞った問題と解説が充実してあるものを使用すると良いと思います。

解説書と問題集で地学の内容を完璧に理解する必要はありません。最も重要なのは過去問、予想問題演習です。

これまでであれば、過去問演習は極めて有効でしたが、地学基礎になってから履修内容がかなり狭まったので、過去問演習よりかは予想問題演習の方が有効だと思われます。地学を選択しようという受験生は早急に、

 

2015 センター試験本番レベル模試 物理基礎/化学基礎/生物基礎/地学基礎-東進(http://urx.nu/dTl2

マーク式基礎問題集地学基礎-河合塾(http://urx.nu/dTl5)

・マーク式総合問題集 生物基礎/地学基礎 2015年-河合塾(http://urx.nu/dTld)

大学入試センター試験実戦問題集地学基礎 2015-駿台(http://urx.nu/dTl7)

理科基礎 2015年版―物理基礎/化学基礎/生物基礎/地学基礎 (大学入試センター試験実戦問題集)-代ゼミ(http://urx.nu/dTlj)

 

といった予想問題集を手に入れ数をこなしましょう。

 

 

センター地学は

 

第1問:固体地球

第2問:岩石・鉱物

第3問:地質・地史

第4問:大気・海洋

第5問:宇宙・天文

 

の大問五つで構成されています。

 

基本的に地学の問題はクセがなく、受験者の9割が文系とも言われるくらい、高度な演算、思考が求められる理系的な問題が無いので、これと言って特別な対策が必要な分野はありません。しかし、大問3において地質図を読図する必要のある問題が出題されるので注意しましょう。

この読図はセンター地学の中の難問とされていますが、しっかりと読めれば問題文を読まずともほとんどのことが分かってしまうという便利なものです。センター地学の中でも難しいのはこれくらいなので対策する価値は大いにあります。

読図については用意した参考書の該当部分を読み込むという対策の他に

Webページ(http://urx.nu/dTmphttp://urx.nu/dTmsなど)や動画サイト(http://urx.nu/dTmyなどで学習することもできます。

 

 

 

対策は以上です。

短期間で高得点を狙える、そして少し時間をかければ9割超えも難しくない。極めてお得な科目が、センター地学です。横国文系はセンター試験の得点が重要になってきます。文系だからって理科を敬遠する必要はありません。センター地学で出来るだけ多く点数を確保しておきましょう!

 

(ライター:げんま)

 

 

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ