大学生の長期休暇~夏~

2014.11.06

 

みくるです。横国生は約2カ月の夏休みを終え、怒涛の般教抽選を乗り越え、やっと履修組みが完了できましたね!

 

秋学期が始まって一か月しか経っていないのに、私はもう来年の夏休みが待ち遠しいです笑

そんな方の参考になれたら、と思い横国生の夏休みの過ごし方について記事を作ってみました。

 

大学生は、「権利はあって義務はない世代」といわれます。高校生までのような制限がない一方で、社会人ほど責任が重くありません。

そのような特権をもつ大学生。この夏休みに一体どんなことをしていたのか、主な5項目を見てみましょう!

 

 

1.旅行

「社会人は時間がないから、大学生のうちに旅行しておくといいよ!」とよく言われます。

でも大学生って、時間はあってもお金がないのが現実…しかし大学生協をのぞいてみると、海外・国内問わず生協特別料金の旅行プランがツアー会社などから出されています。

また、青春18きっぷや北海道&東日本パスなど、有効期間有りの一日フリーパスを上手く使えば、複数人で遠くまでお出かけや何日間か一人旅もできそうですね。

究極的にいうならヒッチハイク旅もありですよね!(笑)

a1190_000064

 

2.アルバイト

遊びには行きたいし、欲しいものも食べたいものもあるよー!と、ついついお金を使いたくなる大学生。そのためにアルバイトをする人が多くいるようです。

長期、短期アルバイトそれぞれありますが、リゾート地でのバイトやプール監視員、夏フェススタッフなどは夏という季節柄や青春を思う存分味わえて魅力的ですよね。

また、時給の良いバイトや多くシフトを入れてくれる仕事が多いので、金欠な大学生とって夏バイトはもってこいです!

中には夏休み中に20万円近く稼ぐ人もいるとか…?

アルバイトを通して、お給料だけでなく様々な学びを得られます。

同時に複数の仕事をこなす能力、過密なスケジュールの中でも仕事をやり抜くメンタル…お給料だけなく、自分のためになる(?)体験にもなるのでぜひおすすめです。

a0800_001254

 

3.部活動・サークル

大会やサークルの合宿など、大学生の夏はイベントがたくさん。サークルの人と遊ぶのもよし、練習して技術を極めるのもよし。私の夏休みの約80%は吹奏楽団の活動だった気がします。

海でBBQをしたり、合宿のイベントで肝試しやスポーツ大会をしたり…全力で夏を楽しみました(笑)

また、尊敬できる先輩方や同期に恵まれ、いい刺激を受けられる。こうした毎日を過ごせるなんて幸せだなぁと感じます。

やはり、仲間と何かに夢中になって取り組むことって素敵なことですよね!

a1380_001377

4.自分磨き

長期休暇である夏休みだからこそ、スキルアップなどの自分磨きができます。

たとえば、「時間がない、と敬遠し続け7年目。そろそろ料理できるようになりたい!」と夏休みに決意。幾多の失敗を乗り越え、秋学期からはお弁当作りにチャレンジし始める…これも立派な自分磨きと言えますよね?(本人体験談)

他にもインターンシップやボランティア活動、資格勉強などにじっくり励むのもいいですね。

 

 

 

5.何もしない

1~4とは正反対に「何もしない」という選択もあります。もしかしたら、本当に大学生でないとできないことかもしれません(笑)それに、何もしないのも悪いことではありません。

ぼーっと自分の将来を考えてみたりすることは、自分を見つめなおすいい機会になります。

a0016_000212

 

 

いかがでしたか?大学生の夏休みは、高校生までと比べて自由が利くようになるので様々な過ごし方ができそうですね。

私は来年こそ計画的に夏休みを充実させよう、と心に決めました笑

 

秋にもスポーツの秋、読書の秋、食欲の秋といったたくさんの楽しみがあります!

最近は寒暖の差が激しく、風邪気味の人が増えています。みなさん、特に受験生は体に気をつけてお過ごしくださいね。

a1380_001493

ライター:みくる

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ