生まれ変わったJR桜木町駅

2014.07.16

横浜駅からJR根岸線で1駅と、横国生にとってもなじみ深い桜木町駅。
様々なショッピングモールやみなとみらい地区の観光名所なども存在するので、遊びやバイトのために出かける方もきっと多いと思います。
そんな桜木町駅ですが、以前から行われていたリニューアル工事がこの7月に完了し、もっと便利に、もっと素敵な駅になるんです
今日はリニューアルした桜木町駅についてご紹介しますね。

真っ先にご紹介したいのが、新しい改札口の開業です!
kaisatsu
これまでJR桜木町駅の改札口は一つだけでしたが、横浜側の改札口として北改札が7月1日(火)に開業されました。
今まではコレットマーレやランドマークタワーなどに向かうには駅前広場を横切らなくてはなりませんでしたが、北改札が敷設されたことで歩く距離がぐっと縮みます。
これで雨の日でも屋根のない場所を歩く時間が短くなりますね
なお、従来の改札口は南改札と名称を改め、通路の整備なども行われるようです。
また、本日7月16日(水)には北改札前に東西通路が開通しました!
こえれまではみなとみらい側にしか出ることができなかったのですが、野毛側にも出ることができるようになりました。さらに便利になりましたね。
 
今日は東西通路だけではなく、CIAL桜木町という商業施設もオープンします!
コンセプトは「横濱 ノスタルジック REVUE」とのことで、明治ロマン・大正レトロの雰囲気を取り入れた施設になるそうです。
商業施設では「化粧品売り場」「食品売り場」「レストランフロア」といったように、お店の種類ごとに区分けがなされていますが、CIAL桜木町も例外ではありません。
ですが、分けられたエリアごとに名前が付けられているのがCIAL桜木町の特徴です。
 
横濱情報プラザ」は南改札前エリアの名前です。
plz
観光案内所に加えて、クロークサービスや横浜土産を取り扱うお店など、観光で桜木町を訪れた方にぴったりのサービスがそろっています。
 
駅前広場に面しているのは、「YOKOHAMA BAZAL」。
bazar
横浜生まれのブランド、「キタムラ」をはじめとする横浜を感じさせるお店が並びます。ATMもこのエリアに敷設されていますよ。
 
駅前広場の反対側、野毛方面に面しているエリアは「停車場ビュッフェ」です。
bf
ここには飲食店が集まっています。(ビュッフェと言うエリア名ですが、お店がビュッフェ形式というわけではありません!)
店舗数はそれほど多くはありませんが、洋食や中華、回転寿司など、バリエーションが豊富なのがいいですね。
 
紅葉坂ギャラリー」は北改札前エリアのことを指しています。ちなみに、CIAL桜木町の中でも一番大きなエリアです!
momiji
デリ惣菜のお店が中心となっているエリアになります。
「ちょっと遊び疲れて家でご飯を作るのが面倒くさいかも…」と思ったときに利用できるのが嬉しいですね。
 
今回のリニューアルとしては以上になりますが、遊歩道の整備予定があるなど、桜木町駅はまだまだ進化の余地を残しています。
どんどん新しく、楽しく、便利になっていく桜木町。
この夏はぜひ桜木町まで足を運んでみてくださいね!
 
(ライター:しもいえ)

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ