放課後の娯楽の王道 カラオケ!

2013.09.20

こんにちは!こんばんは!おはようございます!横ナビ1年のげんまです!

 

私も、昨年までは2学期が始まり最底辺までテンションが落ち切っていたこの時期、大学生(特に国公立大学の学生)はまだ夏休みの真っっ最中にございます!!

横ナビを見てくれている高校生、大学生、そうでない人も夏休みに限らず色々遊ばれていると思います。

 

その中でも「カラオケ」を利用する人は多いのではないでしょうか?

横国がある横浜、またその周辺地にはカラオケ店がたくさんありますので、横国生は頻繁にカラオケを利用していることと思います。

今回は普段何気なく利用しているカラオケを、さらに楽しく利用できるような情報を書いていきたいと思います!

 

[店選び-料金体制]

カラオケはとても楽しいです。しかし、お金がかかりますよね。私は大体1回の利用で1000円を用意しておきますが、我々学生、特に私のようなアルバイトをしていない学生としてはこの出費は意外と痛いところであります…。

そこで、店を選ぶときにはまず料金体制を確認することをお勧めします。

カラオケ店の料金体制は大きく分けて

・部屋料金を人数単位で支払う店

・部屋料金を部屋単位で支払う店

の2つがあります。

部屋料金を人数単位で支払う店は、多くの店がこれに当てはまります。30分単位で発生する部屋料金×人数分が部屋料金となります。

部屋料金を部屋単位で支払う店は、まず利用人数によって部屋が分けられます

1~4人、5~7人、それ以上

といった具合です。

そして、分けられた区分ごとに部屋料金が発生します。人数単位の店と違って、区分ごとの料金は人数によって変化しません。ですので、区分ごとの最大人数で利用すると激安価格(2時間で一人400円程度など)で利用できる場合が多いです。

つまり少人数で利用する場合は人数単位で部屋料金を支払う店、大人数で利用する場合は部屋単位で部屋料金を支払う店を利用することをお勧めします。

 

[時間節約の徹底]

カラオケは時間が限られています。ですので、たくさん歌いたい人はいかに時間を使わないか、が重要になってきます。

採点モードの結果発表のアニメーションは大体1分弱~1分半かかることが多いです。

これをすべての曲でやっていたら非常に大きなタイムロスになってしまいます。

ですので、採点よりもたくさん歌いたい人は採点モードをOFFにすることをお勧めします。

また、演奏中止機能を使い、後奏をカットしたり、次の曲をあらかじめ入れておき、曲と曲の空き時間を少なくしたりすることも有効です。

 

[採点モードで高得点を取るために]

たくさん歌いたいというよりも、採点で高得点を狙っていきたいという人に、採点モードで高得点を取るコツを伝授します!

精密採点モードではなく、通常採点モードの場合採点基準は

・音程が原曲とあっているかどうか

・音の長さが原曲とあっているかどうか

この2つです。

p

この2つが完璧なら100点が取れます。

多くの人はビブラートを気にしますが、ビブラートを素人がやると音程が大きく変化してしまい、採点では減点となります。

感情を込めすぎても音程が狂ってしまいます。また、周りの雑音も採点対象になってしますので周りは静かにしましょう。

 

・原曲の音程を徹底的に研究する事

・無駄に音を伸ばしたり、短くしたりせずに原曲通りの長さで音程をキープする事

・感情をあまり込めずに冷静に歌うこと

・周りは静かにすること

これらが採点で高得点を取るコツです。

あくまで採点する側は機械なので、そこを頭に入れて歌いましょう。いろんな曲を練習するより、1曲を集中して練習する方が良い結果が出ます。

目指せ100点!

p

いかがでしたか?

以上がカラオケをより楽しく利用するポイントでした。

放課後の遊びの選択肢としても、ぜひカラオケを大いに利用してみてください!

 

(ライター:げんま)

 

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ