クーラーなしで暑さを乗り切る!

2013.09.03

こんにちは!しもいえです。
朝夕は涼しいことが多くなりましたが、お昼はまだまだ暑い日が続いていますね。
とはいっても真夏よりは過ごしやすくなってきました。
きっとクーラーを使わなくても、これからの暑さは乗り越えられるはずです。
クーラーは電気代がかかるだけでなく、使い方によっては体調を崩す原因にもなってしまいます。
電気代節約のためにも、健康のためにも、クーラーを使わないで暑さを乗り切ってみましょう!
クーラーなし

クーラーなしでも快適な生活を送るために必要なのは、ずばり風
風さえ吹いていれば実際の気温は高くても、そこまで暑さを感じないものです。
部屋の窓を開けられるといいのですが、環境的になかなか難しいという方もいますよね。
そんなときはやっぱり扇風機の出番です。
小型で安価なものもあるので、家電量販店などで探してみてくださいね。今の時期なら値下げしているかもしれません。
 
去年からよく見かけるようになった冷却マットもおすすめです。
ご存じの方も多いとは思いますが、この冷却マットは敷くだけであら不思議!ひんやりした感触があなたを優しく包んでくれます。私も暑くて寝苦しい夜にはよくお世話になっていました。
ひんやりとした感触があるだけでかなり暑さが和らぐので、ぜひ使ってみてくださいね!扇風機と同様、冷却マットも値下げしている、かも…?
余談ですがこの冷却マット、意外と重いので通販での購入がいいんじゃないかな、と思います(笑)
 
首を直接冷やすのも効果的です。保冷剤とタオルもしくはハンカチがあればすぐに体を冷やせるお手軽さもいいですね。
保冷剤をタオルかハンカチで巻いて、首にあてるだけで涼しくなります。首の付け根と耳の下の交差するところより少し下あたりに太い血管があるので、そこを冷やすとより早く涼しさを感じられますよ。
最近では濡らすとひんやりするタオルや、首に巻くための保冷剤も売られているので、そういった商品を利用するのもアリだと思います。
ただし、保冷剤は溶けるもの。溶けてくると水がしたたってきます
水滴にはくれぐれもご注意ください!
 
直接的に冷やす方法からは少し外れますが、食べ物に目を向けて体を内側から冷やすのもおすすめしたい方法です。
冷たいものばかりを食べろ、ということではありません。それだとお腹を壊してしまいます。健康的に体を冷やしてくれるものを食べましょう!
体を冷やしてくれるとよく言われるのは夏野菜ですね。水分が多く、生で食べられるものが多いのが特徴です。トマトやキュウリ、レタスなどが該当します。
「本当に野菜を食べただけで冷えるの?」と思う方も、ちょっと考えてみてください。
ショウガの入った料理を食べると体が温まると言われたらどうでしょうか。
ショウガでピンと来なければ唐辛子ならどうでしょう。きっとこれを否定する人は多くないと思います。
劇的な効果はありませんが、しっかりと体を冷やしてくれますよ。栄養も摂れて一石二鳥ですね。
 
クーラーなしで暑さを乗り切る方法をいくつか紹介しましたが、最後に伝えたいのは無理は禁物だということ。
体調を崩してしまっては元も子もないです。暑い、耐えられない!と感じたら我慢しないでクーラーに頼りましょう!
 
(ライター:しもいえ)

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ