髪型を変えたいあなたへ

2013.08.20

8月もそろそろ終わりに近づいてきていますが、暑い日が続きますね。
高校生の方は新学期がそろそろ始まりますが、イメチェンしたくなる方もいるのではないでしょうか。
大学生の方も、季節の変わり目には髪型や髪色を変えたくなるものですよね。
思い通りの髪型や髪色にすることができるといい気分になれる一方で、「思っていたのと違う!」となると絶望しか感じられません
今日はそんな絶望を感じないための方法をご紹介したいと思います。
美容院


 
髪型を変えたいと思ったとき、インターネットや雑誌で写真を探す方が多いと思います。
一目で見てわかりますし、専門用語がわからなくても美容師さんに説明しやすいですよね。
ですが、写真だけ見せて「こんな感じでお願いします」とだけ伝えると思わぬ悲劇に見舞われることがあります
というのも、自分と美容師さんの間では写真をどう見ているかに違いがあるからです。
思っていたのよりも長かった、という場合ならもう少し切ってもらうこともできますが、思っていたより短くなるともうどうしようもないですよね。
それを防ぐためにも、きちんと言葉でも説明することが大切です。
雑誌や髪型検索サイトなら、どのように切ったのかという説明が写真に添えられています。
その説明も伝えれば、あなたがなりたい髪型により正確に近づけるはずです。
 

髪色を変えたいときには、美容院で染めてもらうか市販の染め粉を使って自分で染めるかという二通りの方法がありますよね。
染め粉は確かに安いのですが、美容院で染めてもらうことをおすすめします
初めて染める方だと自分の髪がどれぐらい染まりやすいかがわかりませんし、染めたことがある方でも自分で染めようとすると、それまでの髪色の影響があるのでなかなか思った通りの色を出すのは難しいと思います。
特にブリーチした後に髪を染めようとすると、思っていたのと全然違う色になることもあるそうです。実際に私の友達にも茶色に染めなおそうと思ったら緑になってしまった、という人がいます。
その一方で、美容師さんは髪のプロ!あなたの髪質や今までの髪色を考えて髪を染めてくれるので、思った通りの色が出やすいです。
染める時も髪や頭皮への負担ができるだけ軽くなるように染髪剤を付けてくれるので、後々のことを考えるならやはり美容院をおすすめします。
せめて初回だけは美容院にして、自分の髪の染まりやすさを知っておきましょう。
 

ストレートヘアも素敵ですが、ウェーブのかかった髪も男女を問わず魅力的ですよね。
髪色とパーマのかけ方を変えると雰囲気ががらっと変わりますが、カラーとパーマを同時に行うと髪にはとても負担がかかります
また、髪色が抜けやすくなってしまったり、パーマがうまくかからなかったりといったことも起きてしまいます。
カラーとパーマをセットにして別々に行うよりも安くしている美容院もありますが、できるだけカラーとパーマは日にちをあけるようにしましょう
パーマをかけてから一週間ほどあけてカラーを入れるのが一般的ですが、場合によっては順番を逆にするそうです。
順番をどうするかは美容師さんに相談してみてくださいね。
 

カラーやパーマのあとは、髪の手入れを特にしっかりと行いましょう
でないと髪がバッサバサきっしきしになります。その毛先はまるで人形の髪の毛
これではせっかく美容院に行ったのが台無しです。
 

最後におすすめしたいのは、行きつけの美容院を決めることです。
担当の美容師さんも決めるとさらにいいと思います。
自分でもある程度は髪の染まりやすさや髪の量、クセのつきやすさ、まとまりの良し悪しなどはわかると思いますが、やはり美容師さんにはかないません。
自分以上に自分の髪のことを知ってくれている美容師さんがいれば、安心して任せることが出来ますよね。
初回クーポンを使って美容院代を安く済ませる方も多くいますが、ポイントカードのある美容室なら、通い続けていればクーポンやサービス商品を手に入れることができるので、お得感はあまり変わらないと思います。
ぜひ「ここだ!」という美容院をぜひ見つけてみてくださいね。家から近いと行きやすくていいですよ。
 

自分好みの髪型ですてきな夏休みを楽しんでくださいね!
 

(ライター:しもいえ)

コメント

お名前*

コメント*

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ