2017年のアーカイブ

横浜国立大学 オープンキャンパス2017

日付:2017804

こんにちは!

横国では期末試験が終わり、キャンパスが閑散としている今日この頃です・・・。

しかし!毎年恒例のオープンキャンパスでは、大勢の来場者で普段とは比べ物にならないほどごった返します。

今回は、明日と明後日に開催される横国のオープンキャンパスのお知らせです!

 

 

(さらに…)

117人にアンケート!横国生を徹底調査!

日付:2017508

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

今年から受験生の方、ぜひ横国naviGATEを参考にしながらがんばって下さいね。

PAK85_deskshiryou20131223_TP_V

横ナビのオープンキャンパス冊子恒例、横国生へアンケート!ロングバージョンでは、昨年の冊子には載せきれなかった質問や珍回答をご紹介します。

「横国生の受験生時代は?」「サークル事情は?」「恋人はいるの?」など、横国生を徹底分析です!

 

今回答えてくれた横国生は117人。学部内訳は教育人間科学部が44%、経営学部が27.4%、理工学部が24.8%、でした。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございます!

アセット 10@3x-100

学年内訳は次の通り。1年生が63.2%、2年生が6%、3年生が25.6%、4年生が5.1%でした。フレッシュな声、たくさんいただいています。

アセット 11@3x-100

 

 

受験期編

アセット 12@3x-100

横国生の半分弱が、1日6時間以上勉強していたようです。自分なりに勉強できる貴重な期間を、上手に使っちゃいましょう!

 

Q.平均睡眠時間は?

70%以上の人が、平均で6~7時間は睡眠時間をとっていたとのことです。4時間以下は1.7%と少数派。勉強も大切ですが、しっかり寝て体調を整えることも大切ですよ!

 

Q.夏休み以降、受験勉強を重視した? 学校の授業を重視した?

入試が近づくと、「のんびり学校の授業を受けるよりも、自分のペースで受験勉強をしていたい!」と思ってしまうことも。横国生だと、受験勉強を重視していた人が約50%、どちらもバランスよく取り組んでいた人が約30%という結果に。学校の授業を疎かにしないようにしつつも、受験対策をしていきたいですね。

 

Q.どんな勉強をしていた?

~夏休み~

基礎固めや暗記、苦手分野の克服に取り組んでいたという声が多く寄せられました。夏休みはじっくりとインプットに費やす人が多いようですね。一方、少しでしたが、この時期からセンター試験や2次試験対策をしたという人もいたようです。

寄せられた回答をご紹介します。

「夏休み前半は基礎的な内容の復習を、後半は苦手部分の克服をしつつ発展的な問題に取り組んだ。」

「苦手科目は基礎から、得意科目は難関校レベルの問題を解いた。」

「3年生の範囲全て、演習問題(基本~標準)をできるようになるまでひたすら繰り返した。(目安は二回連続正解)」

「前半は資料集や教科書を読み、要点を整理した。8月以降は、公式や解き方を確認。そして学校で買った問題集を解いた。理科基礎は夏休みに完成させることを心がけた。」

「国数英を固めたいと思い、国語は古文単語や漢文の文法、数学はチャート、英語は単語と文法を毎日やった。理社は8月下旬の模試で忘れていないようにする程度だった。」

他にも「模試で苦手な数学が30点しかとれず、焦って1週間数学しかやってはいけない罰ゲームをした。」

「なんて回答も。

 

~夏休み以降~

夏休みまでに詰め込んだ知識をアウトプットできるセンター試験対策や2次試験対策をしていた人がほとんどのようです。また、休みが明けて学校の授業をこなすのが精一杯だったという回答もありました。音楽や体育などの実技試験のある学科を受験する人は、冬休み前頃から実技試験対策をしていたそうです。

「過去問(大学を問わず)や入試に近いレベルの問題を解き、知らないと解けない知識や考え方をリストアップした。」

「センター試験の過去問を日曜日に、二次試験の過去問を土曜日に解いていた。平日は学校の勉強メイン。」

「問題集の二周目を解いた。また、いくら第一志望の過去問を完璧にしても、センター試験で失敗してはいけないと考えたため、センター試験の過去問や対策問題集を解いた。」

「多くの過去問に取組み、苦手を潰していった。」

「夏休みにあまり出来なかった物理、化学に集中して取り組んだ。」

「過去問重視で間違えたところは教科書に戻って確認しました。」

「授業の復習をメインに、11月以降は受験勉強中心(センター対策)に。冬休み前からは実技対策も。」

「模試を定期的に受けて勉強の達成度を確認した。」といった回答をいただきました。

 

夏休みにダラダラしてしまったという人、夏休み以降にダラダラしてしまったという人共にいたようです。気を引き締めず過ごしてしまうのも、頑張りすぎて疲れてしまうも気をつけたいところですね。

 

Q.息抜き方法は?

寝ることで体を休めたり、カラオケ・ゲーム・漫画・音楽などの自分の趣味で息抜きしたり、友達と話して気分転換したりと、様々な回答が寄せられました。「金曜ロードショーをみて、翌日友達とその映画のテーマや表現について議論した」という人も。楽しみながらも現代文の勉強になっていたとコメントをくれました。外で英文を音読するという、一風変わった勉強方法で息抜きしていた人もいますね。

他にも、

「ラーメン屋に行く」

「ちょっとお金を出して美味しいご飯を食べた」

「ご飯のときだけテレビを見て勉強のことを忘れる」

「模試のあとの散歩(私大受験終わりも、そのあと横国の試験勉強をしなければいけないのに構わず15㎞歩きました(笑))」

「直前期は朝起きて母とドラマを見ていた」などなど個性あふれる息抜き方法が発覚しました!

 

大学生活編

Q現役?浪人?

アセット 13@3x-100

横国生の約85%が現役での入学という結果でした。ですが、現役生と浪人生の壁がなく仲が良いのが横国のよいところですよ!

 

Q.一人暮らし?実家暮らし?

首都圏にある横国ですが、意外にも(?)地方出身者が多いんです!実家ぐらしの方には、どこから通っているのかもお尋ねしました。東京・神奈川が多く、埼玉・千葉からの人も。

横国生の生活事情は横国生のくらし~ロングバージョン~も参考にしてみてくださいね。

 

Q.どんなサークルに入っている?

スポーツ系、文化系のサークルに入っている人が多いようです。スポーツ系のサークルには、テニス、バレーボール、フットサルからチャンバラ、文化系のサークルには、演劇や茶道、ボードゲームなどがあり、他にもたくさんのサークルがあります。大学外での活動をしている人も多いです。サークルや学外活動をしたり、学業に専念したりと、みんな思い思いに自分の時間を使っています。

 

Q今、恋人はいる?

アセット 14@3x-100

3人に1人が、恋人がいるということでした。この結果をどう捉えるかはあなた次第……!!

 

Q出会いのきっかけは?

アセット 15@3x-100

サークルで出会ったという人が多数派のようです。同じサークルの人とは趣味が合うことが多く、サークルで遊びに行く機会もあるので、付き合うきっかけがあるのかもしれないですね。

 

Q.アルバイトやインターンシップ(就職を見据えて実際に企業で働いてみること)をしている?

70%以上の人がアルバイトをしているとのことです。遊びやお出かけの幅が広がる大学生には、お金は死活問題ですね。時給の高い塾講師・家庭教師・試験監督や、飲食店・カフェ・アパレルなどの接客業、単発で働けるイベントスタッフなどの回答が集まりました。横浜スタジアムでのアルバイトをしている学生もいるようです。他にも、学童の先生や、模型製作、ベンチャー企業、配達業という人も。

 

アンケートでいただいた声を中心に紹介した今回のロングバージョン。

受験生の方はぜひ受験勉強編も参考にしてみてくださいね。

最後に、アンケートにご協力いただいた横国生の皆さま、回答をありがとうございました。

 

(ライター:なつみ)

大学生の特権!全休のいろは

日付:2017503

いよいよゴールデンウィークですね! 受験生になってしまった皆さんは、受験勉強を始めながらも、まだ部活や学校行事に忙しい時期でしょうか。

そして横国生の皆さん、新年度が始まって1か月ほど経ちましたね。どの授業を取ろうか時間割に頭を悩ませていた人も、新しい時間割に慣れてきた頃でしょうか。

そこで、今回は大学生ならではの「全休」について紹介したいと思います!

CAT9V9A9656_TP_V

(さらに…)

大学生のノートテク

日付:2017428

新学期も始まり、新たな気持ちで勉強に励んでいる人も多い今日この頃。

巷には様々な勉強法や勉強道具がありますが、やっぱり一番お世話になるのはノート! 授業用のノート、問題演習用のノート、重要なところをまとめたノートと、ノートをたくさん持ち歩いている高校生の皆さんも多いですよね。

ところで、受験を乗り越えた現役大学生はどうノートを使っているのか気になりませんか? 「○○大合格者のノートがわかりやすい!」なんて情報もあふれていますが、本当のところはどうなのでしょう?

そこで、今回は横国生のノート事情や、大学生だからこそのノートテクニックを紹介したいと思います。

PPW_notenikakikomu_TP_V

(さらに…)

横国春と秋の名物!履修抽選のススメ

日付:2017401

こんにちは!

4月になり、横国に入学する皆さんは、生協や各サークルのイベントに参加したり、入学式の準備をしたりと忙しくしているかと思います。さて、今回は入学式後すぐに始まる、横国の授業についての話題です。

IMG_2393

(さらに…)

たけのこnaviGATE

日付:2017301

少しずつ春の兆しが見えてくる季節となりました。受験生の皆さんの中には、受験勉強を乗り切った人も、あと少し頑張る人もいると思います。まずは後悔しないよう、今できることを精一杯やっていきましょう。大学生の皆さんも、受験生に負けないよう、充実した春休みを過ごせるといいですね。

1462497754341

さて、皆さんは「横国にはたけのこが生えているらしい」という噂を聞いたことがありますか?

「まさか大都会の横浜の大学に!?」という人もいれば、「まあ横国は山だし、深い森のどこかに、たけのこが生えていてもおかしくはない。」という人もいるかもしれません。

実は横ナビのメンバーは2年前の4月に、この噂の検証をしようとたけのこを探しに行ったのです。果たして、たけのこは見つかるのでしょうか…。

(さらに…)

今の時期にぜひやっておきたい体調管理法(受験生にむけて)

日付:2017125

1年ライターのきすけです。気温が低くなり、風邪をひきやすい季節になってきました。いよいよ受験シーズン到来です。そこで今回は昨年受験生だった自分が実践していた、体調管理法を簡単に紹介していきますね。ぜひ、参考にしてみてください。

sak0056-024

(さらに…)

ミス横国グランプリインタビュー2016

日付:2017120

10月29日(土)に行われたMs. YNU Contest 2016でグランプリを受賞した2016年度ミス、鳥海佐和子さんにインタビューをしました。コンテストのことや学校生活のことなど、明るく楽しいお話を聞かせていただきました!

 

IMG_1149

鳥海佐和子

教育人間科学部人間文化課程2年

1996年6月22日生まれ

東京都出身

 

―ミスコンに出場したきっかけを教えてください。

知らないうちに友達が推薦してくれていたのがきっかけでした。元々、ミスコンに少し興味はありました。

 

―コンテストの期間中はどういった活動をしていましたか?

大学構内での広報活動や、他にも外での活動も多かったですね。テレビ局のイベントや色々な企業のイベントに出演して、スポンサーになってくれる企業探しなんかもしていました。他大学のミスコン候補の方々とイベントで出会うことも時々あり、それがきっかけで友だちになることもありました。衣装は全て自前なので、イベントの度に衣装がかぶらないようにするのが大変でした。

 

―コンテストの期間中で嬉しかったことを教えてください。

一緒に出場したメンバーは皆さん年上で少し緊張していましたが、活動を通じてみんなで切磋琢磨しつつも仲良くなれたのが嬉しかったですね。同じようなつらいことや悩みを体験しているので、悩みを相談できたりお互いに励まし合ったりすることができました。

他にも、テレビ局のイベントでMVPをいただいたことも嬉しかったです。

 

―自分にとって、今回のミスコンとは?

環境がガラッと変わりました。それから、将来の夢に結びつくような経験や人にもたくさん会うことができました。常に人から見られているから姿勢を正さないと、という意識も芽生えるようになりましたね。

 

―グランプリを獲得した後の周りの反応はいかがでしたか?

家族からは、出場すると決めた頃は反対されていたんです。「メンタル弱いから落ち込むだけよ。」って。(笑) でも、コンテストの期間中も応援してくれていて、グランプリを獲得したときには喜んでくれました。あとから家族に聞くと「なんとなくミスコンに出る雰囲気はあったよ。」って言っていました。

サークルのメンバーは、「あっ、ミスが来た!」なんて冷やかし半分で声をかけてくれますね。(笑)

 

―人間文化課程(人文)では、いまはどんなことを勉強しているのですか?

留学がしたいという思いからたどり着いた研究テーマである、高校生と留学生の交流についてであったり、食文化についてであったりと、興味のあることを幅広く勉強しています。両親の影響で昔から食文化に触れ、関心を持っていました。外国の食文化も興味がありますね。
人文の良いところは、座学ばかりではなく、様々な場所へフィールドワークに出かけられるところで、なによりも自分の好きなところを追求できる点だと思っています!

 

―今までの大学生活で思い出に残っていることや楽しかったことを教えてください。

友達と過ごす毎日が楽しいのですが……  最近だと、友達と鍋を囲む、鍋パーティー(鍋パ)が楽しいですね。サークルの後輩とディズニーに行ったことなんかも思い出に強く残っています。

 

―将来、なりたい職業について教えてください。

小さい頃からアナウンサーになりたいと思っています。ニュース番組のアナウンサーがテーマのドラマを見たときから、ドラマの中のアナウンサーのようになりたいと憧れていますね。自分に向いているかはわからないけれど、今はアナウンサーを目指して頑張っています!

 

―最後に、この先ミスコンに出る横国生へと、読者の受験生へ一言お願いします!

ミスコンは、出なきゃよかったと思う人はいないくらい経験ができる貴重な機会です!自分にとっても、すごくよかったと今思いますよ。表舞台だけでなく、見ているだけではわからない、運営スタッフの裏の苦労も知ることが出来て、視野も広がりました。迷っている人は是非積極的にでてほしいと思っています!

受験生へは、根拠のない自信も持っていていいのかなって思います。就職実績を考えすぎたりせず、まずは自分がやりたいこと、ができそうな大学を目指してください!そうすればその後の大学生活はきっと楽しいものになるはずですよ。受験生時代の忍耐力が役に立つことなんかもあります。がんばってください!

 

―鳥海さん、ありがとうございました!

(ライター:なつみ)

ミスター横国グランプリインタビュー2016

日付:2017116

10月29日(土)に行われたMr. YNU Contest 2016で決定した2016年度ミスター、高橋渉さんにインタビューをしました。とても気さくで楽しくお話ができました! (さらに…)

横浜naviGATEとは? twitterTwitterはこちら!
分野・目的
アーカイブ